百鬼一族 血脈の書

当サイトは俺の屍を越えてゆけ リメイクのプレイ日記となります。

◆1022年1月 親王鎮魂墓◇

朱点童子を倒したと思いきや黄川人復活、これで呪いが解けると思いきや非常にも梔子は逝去、天界は百鬼家の空気と反比例するかの如くやんややんやの大騒ぎ

だけど何があっても腹が減っても明日は来るということで、やってきました一月です!

まずは大江山越え後のはしゃぎ様のせいで、一族と溝が出来てる疑惑濃厚なイツ花の報告からいきましょう

f:id:kalino_suke:20200327213736j:image

選考試合かー….今別に褒美の品を欲していないですし、髪切るまで褒賞はしょっぱいからどうしようかな

大江山直後は迷宮内のアイテムが増えていて回収したいので、今回はやめておこう。見送り決定!

f:id:kalino_suke:20200327213621j:image

梔子の最後のお仕事。成果は……!?
f:id:kalino_suke:20200327213933j:image

やだ数値たっかいわぁ(謎のオネェ)

あの二人は性格的にも相性良さそうでしたしね。梔子の教えをするする素直に吸収していくソテツが目に浮かびます

f:id:kalino_suke:20200327213322j:image

ついにソテツが実戦入り! 当家初の拳法家の活躍が楽しみです

さて次は全員の忠心チェックを……

f:id:kalino_suke:20200327213219j:image

……え゛?

f:id:kalino_suke:20200331171142p:image

芥子この健康度はいったい??

え、嘘でしょもう減少するの? ていうことは残り一ヶ月か二ヶ月しか生きないの?? マジで言ってる???

そう言えば先々月の出陣時に体力の上がりがあまり良く無かった様な……

f:id:kalino_suke:20200331171955j:image

こちら十一月に芥子が成長した時のスクショ

体の上がりひっっっっっっく。いやこれを見た時から芥子の寿命はもしかしたら短い?って思ってはいたけどそれでも早すぎでしょ

いま芥子が一歳六ヶ月だから最短寿命の可能性がある……? ありますよね……(自問自答)

 

天運どうなってんの? 大怪我したり病に罹ったから寿命が早まった訳ではない、てことは遺伝子的なやつですよね….この寿命は

ここ最近亡くなった伽羅(一歳十一ヶ月)も梔子(一歳九ヶ月)結構長生きだったからショックが凄い。健康度チェックする気ZEROで一族欄開いから

f:id:kalino_suke:20200327213507j:image

若者達の様子もチェック。みんな元気だねよかったよかった
f:id:kalino_suke:20200327213615j:image

とりあえず漢方を飲んでもらいました。安静にしててくれ〜〜

梔子は隠したけど、芥子はちゃんと体調を報告しそう。自分はそろそろみたいだって。ただ言う状況は考えて報告してそうではある

芥子「最近体調があまり良くなくて。……もって数ヶ月でしょうね」

樒「……そうか。体に変化があったら直ぐに教えてくれ、無理はするな」

芥子「ありがとう樒。みんなにも自分で追って伝えるわ」

樒「ああ」

 

メンタルやばそうランキングTOPにいる澄ちゃんや、一緒に戦ってきた恒春や山茶花には伝えるのに時間がかかりそう

逆に息子の芹にはさっと伝えてるイメージがある

f:id:kalino_suke:20200327213450j:image

今月は出陣したいと思います!

以前一月は山茶花の交神をしようかなと言っていましたが、実はい山茶花が交神すると双子が産まれるんですよね……

流石に六流を回せる度量が私には無いので、戦勝点をイジる為にも今月は出陣に変更したんです

 

メンバーは樒、山茶花、澄、ソテツの四人です。ソテッちゃんは初陣を頑張っとくれ….澄ちゃんは気分転換にお外出ようね……
f:id:kalino_suke:20200327213604j:image

樒「は?」

澄「……」

f:id:kalino_suke:20200327213510j:image

山茶花「そんな….」

ソテツ「三つか。敵は迷宮の大売出しでもしているのだろうかなあ」

樒「いい迷惑だな」

ソテツ「ははは! 確かに樒の言う通りだ!」
f:id:kalino_suke:20200327213355j:image

この三ダンジョンが来ると一山越えたんだな….としみじみ感じますね

今回は大江山越え後の確定赤い火を利用して大筒士の指南書を取りに行こうと思います。レッツ親王鎮魂墓〜
f:id:kalino_suke:20200327213743j:image

澄「お前は!!」

樒「落ち着け澄、止まれ」

山茶花「澄ちゃんダメだよ、落ち着いて!」

いまの澄ちゃんは黄川人ブッ殺ガールと化している。全員からステイステイされていそう
f:id:kalino_suke:20200327213253j:image

ほうほう、その心は?

f:id:kalino_suke:20200327213228j:image

な、なんだってーーーー!?(棒)
f:id:kalino_suke:20200327213406j:image

私はプレイn週目なので知っていますが、樒達にとっては衝撃の真実でしょうね

f:id:kalino_suke:20200327213547j:image
f:id:kalino_suke:20200327213944j:image

樒や山茶花は天界を信じ切って無かったからそこまで動じなさそう。ソテッちゃんはまだ何か思う程の感慨が無さそうなのでふーんと聞き流してそうですね

問題はちゃん澄ですよ。なんでみんな彼女が曇る方向性のことばっかするん?

黄川人くんや、この子つい一ヶ月前の山越え直前までは君を助けようと純粋な眼で思ってたんだよ?

いまの澄ちゃん見て? 主に誰かさんのせいで濁ったんだよ、いやあいったい誰のせいなんだろう。ほんと……(遠い目)

f:id:kalino_suke:20200327213721j:image

言いたいことを全部告げたら去っていくスタイルは変わらない黄川人BOY

そういうとこは嫌いじゃないや嘘この空気どうにかして。いややっぱいい何もしないで!?

彼はかき乱すだけかき乱してポイするタイプだと私は思っているのはここだけの話です

 

赤い火は前半に一つ、後半に二つ。これなら指南書のある部屋まで余裕を持って行けそうですね!
f:id:kalino_suke:20200327213757j:image

まずは朱点童子戦であっさりにしていたモードを戻して….
f:id:kalino_suke:20200327213747j:image

続いては……はい。ちょっと澄ちゃんに朱ノ首輪を着けて貰います

今回忠心が下がっていた恒春や芹じゃなくて、彼女を連れてきた大きい理由がこれです

大江山を越えて敵も強くなりますし、こちらもパワーアップしたいと思いまして……それで一族内で唯一彼女だけが、首輪を着けたら奥義を覚えられるんですよ

 

私が指示したことだけど、ゲーム内では誰かが首輪を持ち出したことになりますよね。誰かな.…澄ちゃん本人だろうなあ...…黄川人に手も足も出なかったことと父の死が決定だになって取り出したのでしょう

11月の出陣前の小話で、梔子たちは後のことを考えて朱ノ首輪を入手して。

それをもう使うことになるなんてね….

f:id:kalino_suke:20200404204917j:image

力が欲しい。誰にも負けない力が欲しい。そのために朱ノ首輪に手を出した。赤黒い気味の悪いそれを首に着けると、何かが満ち溢れていくのを感じる。だけどそれと同時に、声が、聞こえた。

声が、声、が、声、声、声、声声声声声。お前のせいだ、お前のせいだ。誰かが私をなじる声。どうして、どうして。誰かが私を恨む声。死にたくなかった、死にたくなかった。知っている私を怒る声。

様々な人の怨嗟が頭に流れ出して、咄嗟に耳を塞いだ。その時、乾いた感触が手に当たって。私は戦闘で使うために持ってきていた宝鏡で、何に触れたの確認した。鏡に写っていたのは、酷い顔をした私と…………

 

みんなが綺麗だね、可愛いね、素敵だねと言ってくれた母とお揃いの花が枯れ果てていた。瑞々しく綺麗だった私の花は、萎れて茶色の残骸と化していた。

鏡に写る私の口端が歪に持ち上がる。響く怨嗟は煩わしく、見える己は酷い顔。こんなの、笑うしかない。

 

笑い声で気付いたのか、ソテツが私の顔を覗きこんだ。顔を引き攣らせて何か言ってる。ごめんね、頭の中が煩くて聞こえないの。

樒と山茶花姉さんも駆け寄ってきた。二人は私が着けているモノを知っているから、首元を見てとても驚いた顔をした。そして樒は目を僅かに見開いて、山茶花姉さんはそっと目を伏せた。

心配そうな顔をしているソテツに姉さんが何か言ってる。この首輪のことかな。樒は私を見てぱくぱくと口を動かした。何を言ったんだろう、ごめんね。全然聞こえないの。

 

 

f:id:kalino_suke:20200327213345j:image

たまに混乱じゃなかったですっけ!!!??

朱ノ首輪の効果って技を上げる代わりに呪い&たまに混乱でしたよね。たまにじゃないの!? 悪い方ひいちゃった!!??

絶賛シリアスですが、そんなの関係ねぇとこの空気で進めていきたいと思います。私 暗い ふいんき× ふんいき〇 ニガテ
f:id:kalino_suke:20200327213759j:image

ソテツの初進言。優しさに溢れてる….澄の状態異常治してあげようとしてるの優しい……

あと恒春といい澄といい山茶花に鏡進言する子多いのが面白い。前に立って私がみんなを守る盾になる系少女ってかっこいいから仕方ないよね、その気持ちめっちゃ分かる
f:id:kalino_suke:20200327213524j:image

経験値足りんかった……

ごめん澄ちゃん計算ミスった、一回の戦闘で覚えられると勘違いしてた。ごめんよ……

ソテツは風と土の上りが良いですね。心の上がり方が解釈に合う(?)
f:id:kalino_suke:20200327213905j:image

土葬が止まりました!!これはゲットせねば!
f:id:kalino_suke:20200327213527j:image

ソテツいい!!ナイス回避!!

これは急がないとトラウマが生まれるかもしれない……
f:id:kalino_suke:20200327213239j:image

この時はとにかく〇ボタンを連打して攻撃を急かした思い出
f:id:kalino_suke:20200327213836j:image

とどめは山茶花に決めて貰って……
f:id:kalino_suke:20200327213438j:image

勝利です! 土葬ゲット!

成長のギリギリを見極めきれないプレイヤー。つ、つぎで奥義を覚えられるはず……!

ソテツは技土の上がり何があった? 9→4て。なあ、なんで技土亡くなるん?(節子風)
f:id:kalino_suke:20200327213638j:image

雑魚散らしに定評のある樒。闇の光刃が似合う男
f:id:kalino_suke:20200327213644j:image

ああああ澄ちゃん不調……
f:id:kalino_suke:20200327213513j:image

あと一撃で倒れるはず!  やってくださいソテツさん!!!
f:id:kalino_suke:20200327213718j:image

いいぞ! 戦闘終了です!
f:id:kalino_suke:20200327213331j:image

ついに!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213315j:image

百鬼家二つ目の奥義! 連弾弓澄!!
f:id:kalino_suke:20200327213426j:image

さらに!!  澄貫通殺!!!

一度に二つ覚えるなんて……澄ちゃんの底力凄い

ソテツもレベルアップして良きですね! 心火<心水の上がり方なのがちょっと以外。賑やかで溌剌だけど冷静に物事を見れるタイプなんですかね
f:id:kalino_suke:20200327213155j:image

忠心が71に……
f:id:kalino_suke:20200327213706j:image

樒「ふんっ」首輪を無理矢理取る

澄「……ぁ」

樒「奥義を二つも覚えたんだ。もういいだろう」

澄「うん……そうだね。ありがと、樒」

樒「……俺は何もしていない」

ソテツ「……」

山茶花「澄ちゃん、大丈夫……?」

澄「だいじょうぶだよ。呪いの首輪なんて言われてたけど、大したこと無かったよ。平気!」

 

親しみを込めて愛称を付けてくれた、表情が直ぐにころころ変わる愛らしいあの女の子は、もうどこにもいない。
f:id:kalino_suke:20200327213610j:image

後半の赤い火が近くなってきたので、そろそろどっぷりモードに
f:id:kalino_suke:20200327213709j:image

まだ赤い火では無いですが、大江山越え後で新アイテムが多いからか普段通りでも沢山ドロップしました。嬉しさしかない

それと地味にソテツの技土が復活。どういうことだっえばよ……
f:id:kalino_suke:20200327213415j:image

いやあ換金しがいがあるドロップですね!!!(歓喜)

ソテツは体は っぽいですね。拳法家なのでどんどん早く硬くなっておくれ……
f:id:kalino_suke:20200327213733j:image

……地味にここまでの省略した戦闘も含め、ソテツ君一度も樒に鏡を向けないんですよ

いやかねてから樒の鏡向けられなさ具合は定評があったけど……これは樒を認めていないのか?

もしかして澄が朱ノ首輪を使ったことに何も言わなかったから?  仲間をそんな目にあわせてまで強くなりたいのかと不満に感じているとか……? ううん……ちなみに今月はこの後も一度もソテツは樒に鏡を向けません。要考察ですね

f:id:kalino_suke:20200327213341j:image

あっソテツの心火が死んだ!

ソテツって明るくて周りを盛り上げる鼓舞するタイプだけど、熱い男では無いんだろうな……

その辺はall火の男な樒とは違いますね。彼は多くを語るタイプじゃないですが、滅茶苦茶熱い人なので
f:id:kalino_suke:20200327213550j:image

きた!!!! 筒の指南!!!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213948j:image

逃がしたくない時は双光樒斬!!  逃がしたくない時は双光樒斬!! (大事なことなので二回言う)
f:id:kalino_suke:20200327214000j:image
f:id:kalino_suke:20200327213409j:image

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー樒ありがとうーーーーーー!!!!!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213712j:image

筒の指南ゲットです!!!!  今月一番はしゃいだポイントがここでした
f:id:kalino_suke:20200327213440j:image

さーて赤い火はまだ灯ってますし、どんどん狩りますよ!
f:id:kalino_suke:20200327213152j:image

ツブテ吐き欲゛し゛い゛  よ゛こ゛し゛て゛(最早盗賊)
f:id:kalino_suke:20200327213715j:image

私知ってる。双光樒斬すれば一撃で敵は死ぬって
f:id:kalino_suke:20200327213159j:image

Yeeeeeeeeeeah!!!!!!!

これで大筒士の準備はバッチリじゃい!!!!!!

ソテツは風神(春野鈴女様)の孫で土神(木曽ノ春菜)なだけあって風と土がやはり良い! この調子で伸ばしてって~~
f:id:kalino_suke:20200327213851j:image

真砂の太刀!! 真砂の太刀!!

山茶花にプレゼントするから頂戴します!!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213810j:image

澄ちゃんサイコー!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213250j:image

へへ……ほら山茶花…………おじさんからのプレゼントだよ……気に入ってくれたら嬉しいな……(誰)
f:id:kalino_suke:20200327213256j:image

大江山を越える時に実力を認めたのか、澄ちゃんだけはずっと樒に向けてくれるんですよね。彼女以外からは鏡人気がほぼ無いのが現実……
f:id:kalino_suke:20200327213447j:image

ソテツって女性陣を素直に慕ってそうなイメージ。でもこの鏡は澄の強さと脆さを知りたくて向けた気がする……
f:id:kalino_suke:20200327213847j:image

でもここはサクサク進めて奥にいきます
f:id:kalino_suke:20200327213740j:image

薙刀で列攻撃するの気持ち良いですよね……
f:id:kalino_suke:20200327213619j:image

これ以上奥に行って大丈夫なのか……ちょっと様子見してヤバかったら戻ろ(チキン)
f:id:kalino_suke:20200327213505j:image

運良く向こうの出番無く戦闘終了

山茶花は年齢もあって技の伸びが良くなってきてますね。盾役なのでまだ体土が伸びてくれるのは嬉しい

ソテツは水が弱い? 風と土が良く伸びている気がする。取り敢えず功徳の拳はまだ着けてて貰おう
f:id:kalino_suke:20200327213453j:image

あ゛゛これはヤバい……!!
f:id:kalino_suke:20200327213245j:image

ヤバいヤバいソテツが死ぬ!!いや樒もレッドゾーン!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213348j:image

回復、回復せねば……!
f:id:kalino_suke:20200327213656j:image

ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛それでもソテツが死にそう……!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213552j:image

澄ちゃんごめん一撃必殺お願いします!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213903j:image

確かオーバーキル。奥義の強さをしみじみ味わいました

覚えててくれて良かった……軽率な行動してごめんよ;;;;
f:id:kalino_suke:20200327213422j:image

赤い火のおかげで沢山アイテムをゲット。でも満杯だからどれか捨てないといけない……
f:id:kalino_suke:20200327213921j:image

ああああ蜘蛛やめてマジで!!!?
f:id:kalino_suke:20200327213456j:image

これで倒れて……!!!!
f:id:kalino_suke:20200327213930j:image

あああ硬い!! 敵が強大化した事実がひしひしと突き刺してくる……
f:id:kalino_suke:20200327213914j:image

自分も体力半分になっていると言うのに……ソテツは一戦力はともかく、将が倒れたらそれまでという事を理解している子なんだろうな
f:id:kalino_suke:20200327213936j:image

このままじゃちょっと危ないな……
f:id:kalino_suke:20200327213224j:image

回避……! 流れが敵に向いてますね……
f:id:kalino_suke:20200327213926j:image

澄ちゃんのターンです。健康度は80、彼女の若さなら二回打っても問題無い……
f:id:kalino_suke:20200327213432j:image

完璧に澄ちゃん頼りになってる……これは駄目なヤツだ。この討伐終わったら一人反省会しよう……
f:id:kalino_suke:20200327213334j:image

大将撃破! 何とか無事です……
f:id:kalino_suke:20200327213911j:image

最後に一度戦って……
f:id:kalino_suke:20200327213951j:image

最後の火が小さくなってきたので、ここで今月の討伐は終了です! 

モードをしっかりに戻します
f:id:kalino_suke:20200327213435j:image

澄ちゃんだけでなく樒も奥義放ちまくったからなー……敵が強くなってるのを凄く実感した討伐でした
f:id:kalino_suke:20200327213519j:image

今月はここまで。お付き合いありがとうございました!

とても幸せでした

「かえってきた! 梔子の兄御、皆がかえってきたぞ!」

「お、ほんとかー?」

「うむ! その目でしかとたしかめよ!」


ソテツの言葉を受け、三人は弾かれた様に門の外へと顔を向けた。舞い落ちる粉雪の中、確かに此方へ向かってくる見慣れた姿が視界に映る。

寒い中門柱近くで帰りを待っていた芥子、恒春、梔子、ソテツの四人は白い息を吐き、自分達に気付いて手を振る彼等に応え、同じく振り返す。


「ぱっと見た感じ、誰も大怪我はしてねぇな」

「その様ね。良かった……」

「そうだね、五体満足みたいで安心し……ちょっと待って兄さんステイステイ、ステイして。お願いだから傘から出ないで」


安堵の息を吐く芥子を他所に、恒春の持つ傘の下で雪を凌いでいた梔子が自分の調子を顧みずに出ようとした。日頃兄にツッコミを入れていたせいで鍛えられた瞬発力のお陰で襟首を掴むことが出来たが……この馬鹿兄、己が弱っている自覚はあるのだろうか。無いのだろうな。


捕まえた手が当たって冷たかったのか、梔子はうぉつっめ!?と訳の分からない言葉を叫んで飛び上がった。

冷たくて当然だろう、自分は芥子と二人で老人と子供が寒さで風邪を引かない様、傘を持つ為に外気に手を出していたのだ。心臓に悪いことをして多少の申し訳ない気持ちになるが、まあ元気に飛び上がれるならきっと大丈夫だろう。きっと。

それに謝ったら調子に乗りそうだ、ここは憮然とした態度を取った方がいい気がする。


「待ってたら皆帰ってくるから。お願いだから兄さんは傘の下から出ないで。……凍死したいの?」

「ちょっとくらいなら問題無ぇってのー……」

「その自信は何処から湧いてくるのよ、もう」

「だって見ての通りおれすっげぇ元気だろ? 自信の源はそこだな!」


自分を指差しで笑う兄の姿を見て、恒春は芥子と目を合わせて同時にため息を吐いた。ヘラヘラとしている兄を他所に、自分と芥子は今きっと似たことを考えているのだろう。ついさっきも苦しそうに蹲っていた癖に、よく言うものだ、と。


「あ、澄が……あー弓が………あー……あれ樒引っ張られてね?  いや、振り切られない様にしてるってのが正しいか……?」

「俺はこうしゃだと思うぞ!  このままだと突っ込んできてきそうだな!」

「……え?」


兄と息子の言葉を受けて、恒春は彼等の方を見た。するとそこには全速力で門前に居る自分達へと走っている澄、手を離そうとされても手を繋いで少し遅れながら走る樒、遅れて二人を追い掛ける山茶花、二人が走りながら落としていった武器を回収する芹……と言う何とも言い難い光景が広がっていた。


「っ……!!」

「澄止まれ、落ち着け、雪降ってんだ滑って転びたいのか!」

「ふ、二人共待って……!」

「全く、武器は大事にしましょうねー」


澄は雪に足を取られることなく、樒を連れて一直線に自分達へと駆けている。あの速度では雪で滑る地面のせいで目前で止まるのは難しく、ぶつかる可能性がとても高いと恒春は推測した。自分や芥子ならば耐えきれるだろうが、まだ小さい息子や、弱った兄では吹き飛ばされてしまうに違いない。


恒春は素早く脳を回した。澄の体の向きや何度も向けている視線の先から推測するに、飛び付きたい相手は父である梔子だ。この思考に間違いは無いと思う。

となると問題は、今の梔子では受け止めきれる力がほぼ無いことだ。どうするべきか、取り敢えず倒れない様に支えればいいのか……。


(今の兄さんじゃ受け止めるなんて無理だろうし、後ろから支えていればいいよね)


走ってくる澄達を呑気に眺めている兄の背に手を添えていると、隣に居る芥子が傘を閉じ、ソテツの肩に手を置いた。何をするのだろうと横目で見ていると、芥子は息子だけでなく自分達へ指示を告げた。


「ソテツ。梔子が倒れない様に、恒みたいに背中を支えてあげて?」

「うむ、あいわかった!」

「恒はそのままで支えていて。出来ればの話になるけれど……私は樒を引っ張って受け止めるわね」

「ん、お願い」

「ええ」


芥子は頭が良い。普段や戦闘においても、自分が考えている間に彼女は直ぐ思考を纏め、案を出している。芥子のそういうところを見ると、何だか鼻が高く思えてしまう。


「なー、おれには何かねぇの?」

「心構えしてなさい。抱き付かれた衝撃で心臓止めないように」

「おれそこまでジジィじゃねぇんだけど!? あと止めねぇから!!」

「はあ……兄さんうるさい騒がないで喚かないで息だけしてて」

「うっわ恒春が辛辣で兄さん悲しい……!」


大袈裟に言う兄を無視して、芥子の側から抜け出して動いたソテツの頭を撫でる。理解力が早く溌剌としたいい子な息子だ。父として誇らしい。


そんな言い合いをしているうちに、あっという間に目の前に来た澄達。

澄は泣きそうにくしゃりと顔を歪め、強く梔子に抱きついた。


「ッッ……お父さん!!」

「っ、!」

「うぉお゙っッ!?」

「樒はこっち、よっ」


自分とソテツが支えておいたおかげか、梔子はうめき声をあげるが倒れることなく娘を抱きとめた。

一人止まれずたたらを踏んでいた樒は、芥子が腕を引いて勢いが分散した結果転ばずに済んだ。


「お父さん、お父さん……!」

「ふー….危ねぇ危ねぇ……よーしよしよし、おかえり澄」

「~~~~お父さん!!」

「ぐっ、力つよ……!!!」


父の無事に歓喜したのか、更に抱きしめる力を強める澄。しかし強くし過ぎているのか、恒春の目の前で梔子は呻いてのけ反り出した。感動の瞬間なのだろう。だが兄が本当に苦しそうなので、澄には悪いが無理矢理引き離す。


「はあ….澄、兄さんが鯖折りになりかけてる。ちょっと落ち着いて」

「そうだぞ澄。兄御がつぶれかけておるぞ?」

「え、あ….ごめんなさいお父さん。……大丈夫?」

「へーきへーき。だから気にすんな」


体を摩りつつ、梔子は安心させる様に澄の頭を撫でた。

撫でられた澄は、目尻に涙を浮かべつつも嬉しそうに、安堵した様に父に向けて同じく笑顔を浮かべる。そして今度は猫の様に擦り寄り、梔子の腕に彼女は抱きいた。少しも父と離れたく無いと、何故だかそんな風に恒春は思えてしまった。


ざっと、視界外から雪を踏む音が聞こえた。何だろうと見てみると、事故にならない為に手を引かれ少し離れた場所に行っていた芥子と樒が近くに来た様だ。目が合った樒に手を振ると、彼は軽く会釈をした。


「ただいま。問題は無かったか」

「ん、おかえり。見ての通り、みんな元気だよ」


なら良かったと樒が言葉を返していると、山茶花と、彼女に遅れて芹が漸く門まで辿り着いた。自分の槌に加えて二人分の武器を抱えて走ったのか、芹はぜえぜえと息が荒くなっている。


「はあ、はあ、はーーーー….疲れた……」

「おかえりなさい、芹、山茶花。無事で良かったわ」

「お、お前らもおかえり。元気に帰ってきてよかったぜ」

「ただいま……。もう、澄ちゃんも樒ちゃんも急に走らないで……!」


くっつき虫になっている澄を連れて、梔子は帰ってきた三人の頭もくしゃくしゃと撫でる。樒はじっと静かに撫でられ、芹は笑顔でお礼をいい、山茶花は嬉しそうに喜んだ。


粉雪が舞う中、再開した家族達はみんな寒さを忘れ、一先ずは全員の無事を喜んだ。どうして呪いが解けていないのか、大江山のあの光は何なのか、そんなことは後回しでいい。帰ってきた彼等を労るのが第一だ。


(積もる話もあるだろうし、取り敢えず全員中に入ってもらおう。外にずっと居る訳にもいかないからね)


恒春が場に居る全員に声を掛けようとするよりも早く、澄が心配そうな声色で口を開いた。


「ねえお父さん、寒いの? 震えてる」

「え、そうか?」

「……うん。体、冷たくなってる」


声を聞き梔子を見てみると、彼は震えを紛らわせる為なのか、娘に取られていない空いてる側の手で体を摩っている。温めようとしているのか、澄が己の首に梔子の手を触れさせていた。


……外に出る前と比べて、兄の顔色が悪くなっている様に見える。元々白かったが、今は青白いという言葉が適切に思えてしまう。少しでもマシになるだろうと、恒春は自分が着ていた羽織りを脱いで兄の肩に羽織らせた。直ぐにでも兄を家に放り込まなければ、風邪を引くかもしれない。


「兄さんもみんなも、もう中に入ろ。イツ花が炬燵を入れて部屋を暖かくして待ってるよ」

「風呂の準備も出来ているぞ!」

「風呂か……」

「寒いから炬燵より風呂かな……この格好寒い…..」

「見るからに寒そうだよね、その戦装束。私はどっちでもいいかなあ。

澄ちゃんはどっちがいい?」

「姉さんと同じ、どっちでもいいよ」


各々どうするか話ながら、みんなで門をくぐって家に入るべく歩いて行く。

寒い寒いと足早に先頭を歩く芹を筆頭に、元気よく芹に話しかけるソテツや、隣り合って和やかに話す山茶花と芥子と、総勢八人の大行進。ひっつき虫と化した澄を連れているからか、自分と樒の前を歩いている、梔子達の足取りは少し遅い。


「随分とべったりになってるね」

「そうだな」


自分の少し後ろを歩く樒に、振り返らずに話しかける。全員が無事に家に入るのを確認したいのか、まだ何か警戒しているからかは分からない。だが最後尾で家族を見守る長の声は、いつもと違い憂いを感じさせた。


「……ねえ、何があったの?」

「あとで話す。立ち話で終われない」

「……そっか、そうだよね」


顔を反らして、こっそりと後ろの様子を盗み見る。彼は自分を見ている恒春に気付かずに、耳で揺れる浅葱色の飾りに触れていた。


(何があったかは分からない。だけど、何かは確実にあった。だからオレ達の呪いは消えていない、寿命はそのまま……….はーあ。寓話みたいに、めでたしめでたしになれたら良かったのに)


ほんとウザい。心中で大きく溜息を吐いていて前方を気にしていなかったせいか、恒春は前を歩いていた筈の梔子とぶつかった。


「だッ、あ、ごめん兄さん!」


慌てて兄が衝撃で倒れてしまわないかと肩を支えたが、梔子は重心がぶれること無く立っていたので、恒春はホッと安心して肩を撫で下ろし息をつく。


「もう。急に立ち止まらないでよね、邪魔なんだけど。

それにもし転んだら大変で……」

「……」

「梔子兄さん?」

「お父さん? どうしたの?」

「どうかしたか」


いつもの癖でつい憎まれ口を叩いても、兄は何も反応を見せない。顔を上げ、ただじっと空を見つめていた。不思議に思い再度声を掛けるも、梔子は応えない。そばに居る澄や数歩後ろに居るも心配するも、梔子は気付く様子が無かった。


「ねえ兄さん、兄さんってば….」

「兄さま澄ちゃん樒ちゃーん。まだ入らないのー?」

「早く入らないと戸、閉めるわよー」


未だ家に入らない自分達を呼ぶ為か、芥子と山茶花が玄関から顔を覗かせた。兄は二人が呼んだことに気付いていないのか、ずっと空を眺めている。


何度も呼びかけているのに、流石にこれは可笑しい。周囲に居る自分達三人は目を合わせると、各々兄の意識を呼び戻そうと一致団結した。その時、


「ああ、やっぱり」

「お父さん……?」

「澄」

「え.....っ?」


ここでは無いどこかを見ていた青い瞳は、親愛の情を込めた笑みを虚空に向けた。その様子を見て心配そうに父を呼ぶ娘の声がやっと届いたのか、慈愛の眼差しを持って澄に応えた。


(“やっぱり”.…? どういうことなんだろ。ていうか、不安になるから無視しないでよね)


さっきは何でぼおっとしていたんだ、急にどうしたんだ、怖いことするなと、恒春の胸中は心配からくる減らず口が沢山込み上げる。


だけど、梔子の眼差しがとても優しくて。さっきとはまた違う普段とは変わった様子に、恒春は喉元まできていた言葉を飲み込んだ。


「お前達が元気に生きてる、それだけでおれは幸せなんだ。だから、いいんだよ」

「え?」

「いいんだ」


有無は言わせない。そう思わせる程力強く、だけど優しく、兄は澄へと言い聞かせた。


どこか様子が違う梔子を見て、玄関から芥子達が出てきている。澄も樒も、….勿論自分も。何かを感じ取り、不安げに兄を見ている。

だけど梔子は、そんな周囲などお構い無しで。澄の腕をそっと振り払うと、仰々しくわざとらしく演技掛かった仕草で両手を広げると、ニヤリと笑って自分達に言の葉を告げた。


「誰かさ、おれのこと、“忘れない”って言ってくれよ」


満面の笑みで、兄は言った。樒も澄も、芥子も山茶花も、梔子の言葉がまるで最期の言葉に聞こえたのだろう。笑顔な元凶と反比例するかの如く、悲しげな面持ちになっている。


自分もきっと、周りと似たような顔になっているのだろう。似た気持ちになっているのだろう。だが、だがそれ以上に、


「縁起でも無いことするのやめてよねこのバカ!! バカ!!!!!」

「いっっってぇ!!!?」


そこそこ痛いと感じる程度の力を込めて繰り出す肩パン。想定通り痛かったのか、兄は肩を摩りながら蹲った。


(怖いことしないでよ、縁起でも無いことしないでよ。ほんと最悪バカ兄貴!!!!)


今日程、いつも捻くれた言動をしていて良かったと思う日はもう来ないだろう。

鍛える気は全く無かったと言うのに、磨き上げられた条件反射の憎まれ口おかげで、そのまま兄は死ぬのでは無いかと不安に思える空気が離散したのを感じとる。


「こーしゅん君読もうぜ!? 人が真剣に話してたってのに!!」

「だってイラッとしたから……」

「だからって肩パンはよくねぇよ? お兄ちゃん泣くぞ??」

「勝手に泣けば?」

「ひっでぇ!!」


おいおいと嘘泣きを始める兄を見て、芥子達も安堵した表情を浮かべた。心臓に悪いことを、もうしないで欲しい。


「ああもうほら、いいから家に入るよ!」

「あ、ちょ、引っ張るの無しああああ襟がっ襟が伸びる澄ー!」

「へ、あ、恒春兄さんお父さん困ってるよ、やめてあげてっ」

「……ごめんやだ」


いくら可愛い妹の頼みであろうとも、流石にさっきの兄のしでかしたことは恐ろしすぎることだ。だからこれくらいの仕返しはさせて欲しい。


「そうね、偶にはそんな風にされもて良いんじゃないかしら?

捕まえている限りは、何処にも勝手にいけないでしょうし」

「芥子!?」

「んー….うん、そうね。梔子兄さまは捕まえていないと飛んでいってしまいそうだものね」

山茶花もかよ!!」

「……自業自得」

「樒聞こえてっからなー!!」

「はいはいさっさと入ってよね!」


ぎゃあぎゃあ騒ぐ兄を玄関に放り込む。傘を傘立てに入れると、周囲に扱いが雑だと抗議している梔子を無視してさっさと下駄を脱ぎ、再度兄の襟を掴んで今度は炬燵がある居間へと引き摺る。まだ下駄をちゃんと脱げていないという声は勿論無視だ。


「ごめん誰かおれの下駄綺麗に並べてくれ!」

「はいはい並べておくわ。だから早く炬燵に入りなさいね」

「しーちゃんは先にお風呂だよね?」

「ああ」


廊下を進むにつれて、芥子達の声が遠くなる。兄は抵抗も文句も諦めたのか、大人しく自分に引きずられ床と着物を摩擦させている。

ソテツ達の姿が見えないが、二人は先に居間に行ったのだろうか。それとも芹が風呂に入りたがっていたからどちらも風呂場に居るのだろうか。


玄関に居る彼女達の声がほぼ聞こえなくなり、周囲に人の気配を感じない。念の為周囲を見回すと、恒春は一つ、疑問に感じていたことを兄にぶつけた。


「……梔子兄さん」

「ん〜?」

「さっき“やっぱり”って言ってたでしょ。あれ、どういう意味なの」


最早引きずれることに慣れてきたのか、梔子は体重をこちらに預け切っている。正直重い。

恒春が視線を寄越すと、兄は思案する様に顎に手を添えて考える素振りをした。少し考える様に首を捻らせていたが、まあいいかと数秒もせずに判断すると、にっと歯を見せて楽しそうに笑って教えてくれた。


「おれさ、こう見えて寂しがり屋なんだよ」

「は?」

「だから忘れられると、正直すげぇ悲しい。でもあいつは、」


そこで一度口を閉ざすと、兄は懐かしむ様に目を細め、また空を見つめた。


「————あいつは、向こうにいっても覚えて待っててくれたみたいだ。

声がしたんだよ、おれを呼ぶあいつの声が。

わざわざ迎えに来てくれたとか、嬉しいよな」

「おれたちはさ、二人で一つだったんだ。ずっと一緒だった。相棒だった。

だから一人になってからは、いつも違和感があったんだよ。おれの半身がないんだ、当たり前だよなー」

「耄碌したせいでみた幻覚かもしれねぇ。

それはそれで良いと思ってる、向こうにいった時の笑い話になるからな」

「やっぱり、おれにはあいつだったんだ。おれの人生は.…….」


そこまで言うと、兄は心底幸せそうに瞼を閉じた。


(.…ふざけるな)


そんな兄とは裏腹に、恒春は言い表せない強い感情が心に浮かび上がる。上手く言語化は出来ない。変わらず強い絆で結ばれているその事実が、今は良いものには思えなかった。

もう満足です充分ですとでも思っているのだろうか。……そうなのだろう、この兄はひどく自分勝手だから。良い意味でも悪い意味でも。


「じゃあオレが声掛けなかったら臨終してたの?」

「かもな!」

「うっわ最悪、後のこと考えてよね」

「はは、悪ぃな」


悪びれもなく告げる兄に、もうため息しか出ない。

そうこうしているうちに居間の前に辿り着く。ソテツ達はやはり風呂に行っているのか、部屋には誰も居なかった。


「ほら兄さんさっさと温まって。風邪引いたら大変でしょ」

「わーってるって。はーあったけぇ」


梔子は炬燵に直行すると、中に潜り込み暖を取る。恒春も同じ様に炬燵に入ると、そう言えば手を洗って無かったなと気付く。だがまずは冷えた体を温めたかったので、恒春は後回しにすることに断した。


そこそこ体が温まったら、梔子を連れて手を洗って居間に戻る。

襖を開けると、芥子達女子三人が炬燵に入っていた。どうやら自分が出ているうちに温もりに来ていた様だ。一人居なくなっている樒の所在を尋ねると、彼は風呂に向かったらしい。


「炬燵さいこー……」

「それなー……」

「二人とも、樒達がお風呂から帰ってきたらお祝いの鍋をするから、寝たらダメよ?」

「「はーい……」」


炬燵に身を委ねている梔子と澄を見て、恒春達はなんだか可笑しくなって笑い声を上げた。

元気のある自分や芥子と、台所で準備をしていたイツ花と共に鍋の準備を進めていく。


色々と積もる話があることは分かっている。でも一先ずは、無事にまたみんなでご飯を食べれる事実を大切にしたい。

樒達が戻ってきたら、全員手を合わせてからの鍋大会。食べ盛りが沢山いる我が家では、あっという間に食材が無くなっていって、それが可笑しくてみんな笑った。

家族みんな満足するまで食べて呑んで、めいめいに眠気や風呂に入る為に離脱していく。


兄は、自分と芥子の三人で最後まで起きて酒を酌み交わしていた。

子供たちに呪いを残していくのは心残りだと言ったのは、今代で終わりにしたかったと、会いにいくことは出来ないんだと惜しんだのは、一体誰だったか。酒のせいで記憶が定かではない。でも、兄がちゃんと布団に入っていったことは覚えている。おやすみと言ったことも、覚えている。また明日と言っていた。

 


だけど次の日の朝、兄が起きてくることは無かった。

 

 

遺恨怨恨ラプソディ

見上げた先に映るのは朱点童子だったモノと、その中から出て来た見知った存在。死闘の末に築き上げた悲願の亡骸から出てきた存在……黄川人は、ようやく外に出られて興奮からなのか、ペラペラと忙しなく好き勝手に口を動かしていた。

眼下に居る己達を嘲るが如く一人好き勝手に喋るその様に、樒は不快感から眉間に皺を寄せる。


「———そうそう、君たちには感謝してるよ」


反射で臆してしまいそうな程の圧倒的な力を見せびらかしながら、黄川人はふわりと宙へ浮かんだ。上から見ると殊更小さきモノに感じるだろう樒達に、奴は見下しの目と共に白々しい謝礼を口にした。何が感謝しているだ、胡散臭い。


何をするつもりか分からない黄川人に隙を見せない様、樒は薙刀を構えた姿勢のまま一瞬だけ視線をズラし、近くにいる仲間の様子を伺った。

山茶花と芹は、自分と同じく武器を構えている。澄はこの事態に特に動揺しているのか、弓を握り締めていた。山茶花の顔には僅かな動揺が、芹は見定めるかの様な目つきをしているのが見て取れたが、俯いていた澄だけはどんな顔を浮かべているかは分からない。


(今まで対峙してきたどの鬼よりも、黄川人から強い力を感じるな……強者なら強者らしく、馬鹿みたいに強者の余裕で油断してくれていたら楽なんだがな)


状態を把握する為に再度目を向けたかったが、生憎また隙を突くのは難しいのが正直な現状だ。


「あのカッコ悪い鬼の姿のまんまじゃ……ボクの力は半分も出せなかったんだからねえ!」


樒達四人に構うこと無く、黄川人はケタケタと甲高い笑い声をあげる。……登る前に初対面した時から思ってはいたが、この男、胡散臭いという言葉が本当に似合う男だな。


「……攻撃の可能性に備える。隊列は俺と山茶花が前衛だ、いいな?」


いい気持ちで嗤っている黄川人に聞こえない様に、樒は抑えた声量で指示を出す。うん、畏まりましたと山茶花と芹が了承の言葉を口にするも、澄だけは一向に返事を返さない。


「澄ちゃん武器を構えて。気持ちは痛いほど分かるわ、でも今は……」

「攻撃に備えろ、澄。無理ならせめて後ろに下がれ」


樒と山茶花が小声で促すも、俯いた澄は全く動くかない。

このままでは危険だと、僅かに焦りの気持ちが滲み出てゆく。その胸中に蓋を被せながら、樒は澄に視線を向ける。と、


(……? 弓が、震えている……..?)


長く綺麗な赤い髪に潜む様に、カタカタと澄が握り締めている弓が震えていた。


密かに会話をしていたとは露知らない黄川人はと言うと、嘲笑に飽いたのか唇に弧を描くのをやめ、真っすぐに憎悪の籠もった声を張り上げる。


「さあ!! 復讐の本番は」


黄川人が声を張り上げると共に、場を支配する重圧感が増幅し、肌を刺す圧迫感も強まった。


「ここからだ!!」

「ッ、澄!! 止まれ!!!」


突如顔を上げた澄の瞳は憤怒で濡れていた。嫌な気配を感じて上げた樒の声と圧を強める黄川人の言葉と同時に、彼女は一直線に怨敵の元へと駆け出した。


駆けながら矢筒から一本の矢を取り出すと、澄は黄川人目掛けて即座に放つ。


「ーーーーッッ!!!」

「おっと、危ないなあ。

君さ、人に物を向けちゃ駄目だって母さんや父さんに習わなかったのかい?」


飛んで火に入る夏の虫とは、きっと今の彼女にお似合いな言葉だろう。明確な敵意を持って放たれた矢を、黄川人は幾度なく軽々と躱してみせた。悲しいかな、澄の攻撃はあの憎たらしい男の長い上衣を掠ることすら出来ない。


階段の最上段の上で浮いている黄川人を仕留める為に、何度躱されようが澄は挫けずに攻撃の手を止めないで駆け上がる。今の彼女の瞳には、自分達の祖先に呪いを掛けた元凶のあの朱色しか見えていないようだった。


「あー……澄ちゃんどうみても暴走していますね、あれ。大変だ」

「冷静に状況報告してる場合じゃないと思うよ?!  ……樒ちゃん!」


暴走している澄と、そんな彼女を軽々と避けて遊んでいる黄川人。一方樒達はと言うと、呑気にボケとツッコミをしている芹達を他所に、樒らどうこの状況を崩すか考えている最中だった。


(黄川人はまだ本気になっていない。アイツが澄を下に見ているうちに回収するべきだ)


油断ならぬ現状に、自然と眉間に皺を寄せてしまう。ため息も吐きたい気持ちだが、今はそんなことをする時間すら惜しい。樒は己の言葉を待つ山茶花達に指示を伝えた。


「当主の指輪を黄川人に向けて使う。意識がこっちに向いたら俺が澄達の間に立つ、山茶花達はその間に澄を捕まえて抑えろ」

「分かったわ、樒ちゃんも気をつけて」

「畏まりましたっと」


左手の人差し指に嵌めている指輪に手を重ね、初代の父の名を心中で呟く。

するとその声に応える様に、古ぼけた指輪が輝いた。樒が動き回る朱に向けて手を突き出すのと同時に、山茶花達はその場を飛び出した。


「当主の指輪……いけ!」

「いくよ芹ちゃん!」

「分かってる!」


初代の父、源太の影が黄川人に向かって走り行く。指輪の力が発動したのを認識するや否や、樒も皆に続いて地を駆けた。早く、今すぐにでもあの暴走した妹を守るために。

 

──────時は、少し前に遡る。射てども射てども、澄の矢は黄川人に届かない。こちらがどれだけ狙いを定めても、どれだけ念を込めても、決してあの鬼に刺さら無い。オマケに憎たらしいことに、黄川人はワザとあと少しであたりそうなスレスレで避けるのだ。そのニヤけた顔を見れば分かる、本当はもっと早くに避けれていたのだと。ああ、憎たらしい上に怒りしか沸かない!


「今すぐ呪いを解け!!」

「あははっ!解くわけ無いだろう!脅せば解くとでも思ってるのかい?バカらしい!」


鼻で笑われ、澄は心がどんどん燃え盛るのを感じ取った。こんな奴を、さっきまで自分は心配していたのか。こんな奴に、絶対に私達が貴方の呪いも解くからだなんて、バカなことを宣っていたのか。


樒達が本当に呪いが解けるか疑問視していたのは知っていた。理解しているつもりだった。……しかし所詮、つもりでしか無かったのだ。だから今、自分はこうなっている。


(ふざけないでふざけないでふざけないで!!!今すぐ解かなくちゃ、封印が解けたばかりなら本調子とは言い難いはずだから、きっと今ならできる!! 絶対に絶対に解かせてやるんだ!!!! そうでなくちゃ、お父さんが……!!!!)


矢を放つのと同時に術を唱えて、黄川人が居た場所に雷を轟かせる。持っていた術符も投げて海を起こす。それでもアイツはかすり傷一つ負わず、その場に立っていた。ああくそ、くそ、どうして私の攻撃は届かない!!!


「減らず口言うな!!!」

「減らず口ぃ? それはこっちのセリフだよ。

……ああ。そう言えば、先月死にそうな顔をした赤い髪の弓使いが此処に来ていたよね。もしかしてさあ……君のと う さ んだった?」

「…………ッッッッ!!!!!」


ぶちり、自分の中で何かが切れる音がした。目の前が真っ赤に染まる、目の裏がチカチカと輝く。……これは駄目、駄目だよ。冷静な思考の自分が、遠くから声を投げかけたのが聞こえた。

それでも、澄はもう止まれない。乱暴に矢筒から取り出した二本の矢を、澄は加減も考えずに目一杯弓に番えた。


「死 ねえええ!!!」

「あはははは!無理ムリ、そんな攻撃当たるわけ無いだろ?その反応はずぼ……ッ!」


──────そして時は戻り、祖先の父が黄川人に向かって刀を振り下ろす。

突然現れた存在に、意識の範疇からお互い以外消えていた二人は一瞬動きを止めた。


「芹、受け止めろ!」

「はいはーい」

「な゙ッ、ぅあッ!!?」


誰よりも最後に動き出したが、誰よりも俊敏に動くことが出来る樒が山茶花達を追い越して澄を捕まえると、彼女の襟首を掴んで一番黄川人や己達から遠くに居た芹へと投げた。


「おっ……と。ナイスキャッチだ、僕」

「いいよ芹ちゃん! そのまま澄ちゃんを離さないでね!」

「もちろん、わかってるよ姉上」

「な、何、離し……!?」

「駄目だよ。澄ちゃんは僕と一緒に樒様と姉上に守られていようねー」


困惑した澄が目を回しているのをいいことに、芹は今のうちにと彼女を羽交い締めにして、武器から手を離させる。山茶花は芹と澄の前に立って刀を黄川人に向け、いつ此方にやって来ても後ろの二人を守る体勢を整えた。


(澄を抑えるのには成功した。後は……)


三人の様子を確認して、樒は小さく安堵の息を付く。一先ず澄は芹達の元にいる、ならば自分は前を向くだけだ。

顔を上げて、樒は面白くなさそうに自分達を見る黄川人と相対する。


「君といいその子といい、君たちの中で不意打ちがするのが流行ってんの?」

「……」


馬鹿にした口調で問う黄川人に対して、樒は薙刀を構えるだけで何も答えない。煽りに乗らず無言で武器を向ける樒を、朱点童子はつまらなそうに見下した。

 

「さっきの子に比べて、君はつまらないなぁ。まッ、もう飽きてきたところだったからいいや」


重力に逆らい、黄川人は再びふわりと宙に浮かび上がる。すると彼の真下の地面が紋様を描き、妖しく光り輝いた。


「今すぐ殺すだなンて、そんなのつまらないだろ? だからさ、今日はもう去ってあげるよ。いやぁ僕って本当に優しいね!」


その言葉を受け、一番反応を示したのは澄だった。逃がすものかと拘束から逃れるべく暴れる彼女を、芹は捕らえる力を更に強めて拘束する。

背後から抜け出そうと奮闘している音が聞こえるが、目の前にいる黄川人が急に気を変えるかも知れない今、樒は加勢に行くことは出来ない。


「待てッッ!!!」

「駄目だよ澄ちゃん、動かないで」


抵抗している澄を一瞥して、黄川人は嘲笑を浮かべた。その笑みを見てしまったのか、後ろで暴れていた彼女が藻掻く音がピタリと止まる。

その様子に満足したのか、黄川人は印の中へ消えていく。

去ったのかと樒が思案するよりも早く、奴は印から顔だけ出して此方を見やる。


「また会おうゼ、兄弟」


印は波紋を描いて、黄川人は消えた。この場を支配していた朱点童子が去ったからか、朱点閣を包んでいた重圧感も無くなり、樒は息がし易くなったのを実感する。

警戒しながらも奴が消えた場所を注視して完全に印が消えたのを確認すると、樒は芹達に声を掛ける。


「……芹、もう離してやれ。山茶花も警戒レベルを下げていい」

「わかりまし……あ」

「ッ!!!」


芹が力を弱めるや否や、澄は瞬く間に拘束を荒々しく解き樒が立っている黄川人が消えた場所まで走りよる。


「いない……いない、何処にも……!!!」

「澄ちゃん……」


地面を詳しく見るも、もうこの場には何も無い。澄は崩れる様に膝を着き、爪が割れるのもお構い無しに拳を叩きつけて強く土を掴んだ。


少し遅れて合流した山茶花達は彼女に何て声を掛ければ良いか分からず、口を濁すことしか出来なかった。


「…………ちくしょう、ちくしょう。ちくしょうちくしょうちくしょう!!!!!!!!!

うゔ、ぅあああ゙あ゙あ゙あ゙ッッ!!!」


行き場の無い気持ちを吐き出しているのか、澄は瞳から大粒の涙を幾度も落とした。血が滲み爪がめくれ上がることも気にせずに床を強く引っ掻いては叩き、下を向いたまま叫び声の様な嗚咽を零す。


己は、妹の心を軽く出来る様な気の利いたことを言える口をしていない。山茶花も芹も、今の澄に掛けれる言葉を、誰も持ってはいなかった。


(もし、あれで終わりだったら。そうしたら澄は、梔子は…………いや、そんなもしもは無い。無いからこうなったんだ)


……数分、十数分は経っただろうか。澄の嗚咽止まって落ち着いてきたのを確認して、樒はしゃがんで声を掛けた。


「……澄」

「……」


チラ、と赤い髪の隙間から、泣き腫らして潤んだ緑色と目が合った。


「帰ろう、皆待ってる」

「……」

「ここに居ても、何も変わらない」

「…………わかってるよ」


手を差し出すと、澄は目を擦りながら樒の手を取った。

四人でもう用はない朱点閣を後にして来た道を戻るも、山全体に居た鬼は誰一人いなかった。

前方に山茶花、殿に芹。中央は手を引く樒と鼻をすすりながら引かれる澄。

家で待つ者達のことを思い心が重くなっていくのを感じ取りながらも、四人は帰路へ着くのであった。

 

⿻1021年12月 大江山⿸

f:id:kalino_suke:20191204175459j:image

ターニングポイント

 

張り切って大江山越えしようと思います、12月です。先ずは先月の報告から

f:id:kalino_suke:20191204175516j:image

ギリギリなドッタンバッタン大騒ぎで何とか解放した虚空坊様。

貴方様の解放<朱ノ首輪ゲットのが目的の比重としては大きかっただなんて、絶対に言えないですね……
f:id:kalino_suke:20191204175512j:image

澄「ねえお父さん。今月朱点を倒したとしても、神様と交神出来るの?」

梔子「あ〜〜……朱点童子を倒す為に力を貸す目的で交神してくれる話だった覚えがあるし、倒したら出来ないんじゃね?」

澄「やっぱり?」

芹「まあ倒したら分かるんじゃないかな。樒様はどうお思いで?」

樒「前提さえ果たせばその時分かるだろう。だから今現在は、どうでもいいとしか思わない」

澄「しーちゃん相変わらずリアクションうすーい。もっと考えようよ!呪いを解いたらいっぱい時間があるんだよ、楽しみじゃないの?」

樒「ぬか喜びになる可能性もあるだろう。あまり期待するのは止めておけ」

澄「明るい未来があるって思った方がやる気が出るタイプなんですー!だからいいのっ」

梔子「そーだそーだー!」

樒「……」(呆れの視線)

 

恒春「あの馬鹿兄……」

芥子「……」

f:id:kalino_suke:20191204173320j:image

わかってるよイツ花、今月で蹴りを付けるつもりです

f:id:kalino_suke:20191204173918j:image

そう言えば、伽羅も恒春の訓練をしたことがありましたね。一世代経てまた当主と4ライン目が訓練を行ったんだなあ……(しみじみ)
f:id:kalino_suke:20191204173924j:image

上がり幅めっちゃ良くね?

功徳の拳を装備していたから心の上がりがいいのは分かりますが……体は何事?技は樒が技火が良いのもあってそこだけ凄く上がってる……

もしかして二人はウマが合うとか?あまり喋らない樒に対して、臆せず話しかけに行くソテッちゃんの図が思い浮かびます
f:id:kalino_suke:20191204173911j:image

樒が元服だと??君もうそんな歳になっていたの?時の流れは早いですね……
f:id:kalino_suke:20191204173310j:image

続いて術報告〜
f:id:kalino_suke:20191204173946j:image

樒と芹さん以外みんな術を習得したご様子。前回色々と巻物も手に入れたからな〜

f:id:kalino_suke:20191204174004j:image

投資が目に見えて形になったみたいです
f:id:kalino_suke:20191204173915j:image

樒「……ミイちゃん?」

澄「ミイちゃん」

芹「ミイちゃん……」

ソテツ「ミイちゃんか!」

f:id:kalino_suke:20191204173711j:image

謎のミイちゃん四段活用をして目を見合わせた第四世代。全員頭に疑問符を浮かべ……あ、ソテッちゃんは何も思ってなさそうですね

f:id:kalino_suke:20191204173737j:image

もちろん健康度チェックからですよ
f:id:kalino_suke:20191204173856j:image

分かっていたけど下がってますね。今月が最後かー…

f:id:kalino_suke:20191204173330j:image

お薬飲んで、今月は好きに過ごしてね梔子……
f:id:kalino_suke:20191204173809j:image

回復画面を取り忘れたのでこちらで確認を。

梔子本当に良くなる気あんまり無いな!!7しか回復してないんだけど??

 

それと前回載せていない戦闘でよく進言無視をしたせいか、梔子の忠心77に。RP思考の自分としては茶器を上げたいと思いましたが、でも今月居なくなるからなと効率思考の私が囁いた為に放置することを決めました←

しかしプレイヤーの判断は、ゲーム内では樒がしたことになる訳で。

 

彼等に当て嵌めてどうして樒がそうしたのか考えてみた結果、樒は昔よりは情緒を理解している子なので、多分上げようとしたと思うんです。当主なのに梔子が弱っていることに気付かなかった、負担を敷いてしまったと謝罪をして茶器を渡そうと。でも梔子は好きにしただけでそんなこと求めていないから受け取りを拒否し、逆に忠心を下げてしまったのではと思ったりなんやり……

自分の悪い癖ですが、妄想し出すと止まらないのでここまでにして次に行こうと思います。ただでさえ今回はスクショ多くて長くなりそうなんで!!切り替えです!

f:id:kalino_suke:20191204173955j:image

これは地味に梔子の次に忠心が下がっている芹さんの図。何かなー芹さんは樒を計ってそうなんだよなー

私の中で芹さんは、自己肯定感マシマシ親へのリスペクト天元突破でも一番はやっぱり自分……みたいな人になっているというか、言葉にし難いというか……

小話【https://kalino-suke.hatenablog.com/entry/2019/09/17/181626】でもしていた通り、芹さんは自分が尊ぶに値する存在かどうか常に目を光らせてそうで……駄目だ、百鬼芹が分からない←
f:id:kalino_suke:20191204173714j:image

まあ動かしていけば分かるでしょうし、彼への考察は打ち止めしてソテッちゃんの訓練のターンにいきましょう

年長者が訓練した方が成功率が高いですので、指導は梔子にして貰います。恒春ソテツで親子訓練にしようか迷いましたが、やはりプレイヤーとしては成功率が高い方が嬉しいんですよ……彼等の間でどうして梔子が指導に当たったかの解釈は、小話を考える時の自分がいい感じに調理してくれると思います。未来の自分に投げる
f:id:kalino_suke:20191204173335j:image

せっかく何で、決戦前に思い出として写真を撮ることにしました。

記念撮影ってやつです。写真を撮ろうと言い出しっぺそうな澄ちゃんのチョイスで、フレームは可愛いお花さんに。

一部男性陣が微妙な顔をしてそうですねww
f:id:kalino_suke:20191204173419j:image

撮った物がこちら。何と言いうか……人多いな!!

現在百鬼家は八人家族、中々の大所帯なのを視認するとなお実感します。五流だからだろうな〜

f:id:kalino_suke:20191204173558j:image

穏便な日常フェイスはここまでにして……

今回朱点童子討伐する隊のメンバーを紹介しようかと思います。

奥義とぴたりと噛み合った火の属性武器で敵を薙ぎ払う担当の樒、

前線で防御も攻撃も回復もなんでもござれ、皆を守る盾の山茶花

唯一の遠距離攻撃役にして水神を親に持つことで、もしもの時の最大の回復が出来る澄、

まさかの初陣で大ボス戦、全てが未知数だけど壊し屋の腕力で天狗大将にしっかりトドメを刺す係は任せた、芹。

この四人で行きたいと思います!!

 

恒春と芹で最後の一人は悩んだのですが、恒春と芹の職業的位置と二人のキャラ性を鑑みて、悩んだ末に芹を投入することに決めました。

芹は壊し屋、恒春は槍使い。今回は先月と同じで、時登りの笛チャレンジをする予定です。壊し屋は外れる可能性も高いですが、当たった時の威力は槍使いよりも大きい。安定を取るなら恒春だけれど……自分のギャンブル性が芹を入れたいと囁いてしまってな……

それに二人の性格からして、今の恒春なら自分よりも代を重ねていて素質の高い芹に、すんなりと最後の席を譲りそうだとおもったんですよね。そして芹の性格からして、出来るだけ樒の行動の行方を近くで見定めたいと考えていそうだとも思いまして。そこを考慮した結果でもあります。

f:id:kalino_suke:20191204173908j:image

そういう訳で、いざ行かん大江山

朱点童子!お前が呪った子供の子孫が死を連れてやっていくぞ!

なんなら四代目は三代目の一部を身に付けてやってくっぞ!
f:id:kalino_suke:20191204173819j:image

あ、黄川人君。先月会った山茶花は以外は初対面ですね。

意気込んで大江山に行ったら、開幕はシュンとした天界の使いが現れたのだった……
f:id:kalino_suke:20191204173524j:image

素直な澄ちゃんはこの話を聞いて義憤を覚えそう……“私達が倒す!そうしたら黄川人もきっと元に戻れるよ!”って、純粋に励ましてるんだろうなあ……

残りの3人は、澄ちゃんと違うことを絶対に考えてる。今なら100ペリカ賭けていい
f:id:kalino_suke:20191204173416j:image

樒「……」

f:id:kalino_suke:20191204173455j:image

各々の簡潔にまとめた黄川人への所感は恐らくこんな感じ

樒→発言の意図を知りたい、同情はしていない

山茶花→事実なら哀れみを覚える、でも本当かどうか疑っている

澄→なおのこと朱点を倒して呪いを解かなくちゃと意気込む

芹→可哀想だね()、それより雪山でこの戦装束は寒い、凄く寒い

f:id:kalino_suke:20191204173749j:image

三者三様ならぬ四者四様の討伐隊。芹さんに至っては性格や初陣故のひ弱さから黄川人より大江山の寒さが気になってる様子……壊し屋の衣装ってほぼ裸ですからね。しょうがないね

 

先月赤い火だったせいか、残念ながら赤い火は無し。此処からは時登りの笛狩りターンまではきびきび進めていきます
f:id:kalino_suke:20191204173554j:image
f:id:kalino_suke:20191204173607j:image
f:id:kalino_suke:20191204173404j:image

天狗のいる地点までに、樒と芹さんがレベルアップ!

樒は火の申し子なだけあって相変わらず火の上がりがよいですね。芹さんは初代産のせいか技火が……初っ端から技火がお亡くなりなってる…。

芹さん心の上がりは火以外はどっこいどっこいの上がり方。血の気が多いタイプでは無いんだろうな〜芹さん

狐次郎様のお子だからか、土の上がりが全体的に良いですね!

f:id:kalino_suke:20191204173756j:image

樒達は初めまして、山茶花のみが二度目ましての石碑。

いったい誰が建てたんでしょうね、いやほんとに(俺屍プレイn週目の感想)

これを読んだ四人はシリアスな心境になっているのかも知れませんね。じっとまだ見て、触って、調べて、何故こんな石碑があるのか等探りたいことが有るのかも知れない……
f:id:kalino_suke:20191204173802j:image

でも私は時登りの笛狩りをしたいんだ。天狗狩りじゃい!!!!!!!!

ダッシュした甲斐あって残り炎はまだまだ有ります。時間の許す限り笛狩りすっぞ!!!!!!
f:id:kalino_suke:20191204173511j:image

時間を気にして焦りそうになりますが、まずは冷静に下準備を

樒達4人は誰も陽炎を覚えていないので、代わりにみどろで天狗の動きを遅らせます。笛を持っている天狗はモーションが早いらしいと聞いたので、これで見極めが楽になる筈です
f:id:kalino_suke:20191204173541j:image

笛じゃなかったけど術持ちとぶつかりました。

天狗狩り隊!!!準備はいいか!!!!術を奪うぞ!!!!!(もはや蛮族)(あと鬼の名前が天狗じゃないことは分かってる)(しかし変換するのが怠い)
f:id:kalino_suke:20191204173630j:image

敵を逃したく無い場合今の百鬼一族なら併せをするのが良い。プレイヤーこの間身を持って体感した

初手の山茶花を起点に雷電
f:id:kalino_suke:20191204173933j:image

初陣でまだ雷電を覚えていない芹さんは防御、後の二人も雷電に続きます!
f:id:kalino_suke:20191204173905j:image

ファイアーならぬ3人サンダー……相手は死ぬ

f:id:kalino_suke:20191204173726j:image

牛頭丸ゲットです!そして芹さんレベルアップ!

なんか芹さんの心水の上がりは、別に水が高いからって優しさが深まっている様に思えないんですよね。……己への慈悲の心が深まってるのかな??

私は彼をなんだと思っているんだ
f:id:kalino_suke:20191204173958j:image

Q、芹さんどうして急に心火の上がりが良くなったの?

A、私にも分からない

特に代わり映えの無い天狗狩りをしていたら、突如心火の上がりがよくなる芹さんの図。本当に君が分からないよ芹さん……

でも相変わらず技火の上がり様は安定してるね。変わらない所もあって安心す……いや安心出来ないってこの上がり様
f:id:kalino_suke:20191204173846j:image

山茶花ねーさんに鏡を向ける澄ちゃんは可愛い(可愛い)

素直に慕ってる姿が想像出来ます
f:id:kalino_suke:20191204173617j:image

f:id:kalino_suke:20191204174142j:image

時登りの笛は未だ落ちず……もう何回戦ったかな(遠い目)

戦った分だけ澄ちゃんと芹さんが成長。芹さんは土が伸びる伸びる、もっともっと硬くなっておくれ……

澄ちゃんもまだまだ幼いので伸びが良い!優しさに満ち溢れた心水ですね

f:id:kalino_suke:20191204173927j:image

来た!!!!!!!!!!!!
f:id:kalino_suke:20191204173659j:image

絶対に逃して堪るか。奥義で即killしてやる….!!!!!樒の攻撃力なら奥義で一発KO可能な筈!!!!!

(併せをした方が確実性が高い)(なのにもう頭から抜け落とした人の発言)

f:id:kalino_suke:20191204173859j:image

頼みましたよ樒パイセン!!!!!!!!!!
f:id:kalino_suke:20191204173649j:image

流石は樒パイセン。奥義に持ち前の火力を合わせることで、見事天狗を一撃死させました。時登りの笛とったどー!!
f:id:kalino_suke:20191204173720j:image
f:id:kalino_suke:20191204173351j:image

初陣の筈なのに技火の伸び方可笑しくない??あと芹さんもしかして技土も死んだ???

なんと言うか芹さんからは、こちらの思う通りになる気はないと言う意志を感じてしまう……僕は僕の好きな様にするよ、良いでしょう?みたいな……

 

樒の方は地味に心水の上がりが良いのが嬉しいです。彼実は心の素質では水がワースト一位なんですよ。もしかして後年には心水がどれかを抜く可能性がある……?
f:id:kalino_suke:20191204173645j:image

炎がラスト一つになっても、時登りの笛は一つしか手に入れることは出来ませんでした。たった一つしか無いのは正直心許ないので、悩みましたが、この笛を使って巻き戻し更に笛を手に入れる賭けに出ることを決意。

基本ギャンブル気質なのでその、ちょっと……賭けに出たくなっちゃって……
f:id:kalino_suke:20191204173326j:image

戦勝点が多く欲しい時以外は基本しっかりですが、ここはモードをどっぷりに変更です。何としてでも笛を手に入れるぞ……!!!f:id:kalino_suke:20191204173949j:image

焦り過ぎてスクショし忘れましたがこちらの編成、なんと時登りの笛を2つお持ちなんですよ。これは狩らねばならん
f:id:kalino_suke:20191204173548j:image

芹「樒様頑張ってください、応援してますよ〜」

澄「しーちゃん絶対倒さないと承知しないからねー!」

 

まだ幼いせいで敏速がそこまで育っていないせいですが、芹さんにほぼ手番が回らずに戦闘が終了する件。多分この瞬間も芹は端の方で樒の応援団扇を振ってそう……

澄ちゃんはつられて樒をやいやい言ってそうですね、なおこの時樒さんは天狗大将を打ち漏らしました。どんまいだよ樒!

f:id:kalino_suke:20191204173828j:image

山茶花「後は私に任せて!」

弟のフォローはお姉さんにお任せ。天狗を葬りました!
f:id:kalino_suke:20191204173410j:image

時登りの笛2つとったどー!無けなしの1個を使って良かった……倍になった……!!

 

なんて感動していたら、まさかの
f:id:kalino_suke:20191204173833j:image

f:id:kalino_suke:20200112171350p:image

樒に鏡を向けた……だと……!?

 

樒8ヶ月、澄ちゃん6ヶ月にしての初の樒への鏡進言ですよ……

大江山に来たことで自分達の命運が掛かっている自覚が出てプライドよりも強さを取った?それとも奥義を連発する姿を見て、意地張るよりも利用してやる方が自分が強くなれると思った……?

 

うーん………………澄ちゃんなら後者かな?

樒に対抗意識を彼女は持っていますが、元々澄ちゃんは素直で強くなることは嫌いじゃない子です。この進言以降、澄ちゃんは樒に向けることが多くなりました。成長したね……ウッf:id:kalino_suke:20191204174024j:image

朱点童子に挑む時に赤い火が最後にくると、こんなにも勿体無い気持ちになるんだなと思って撮ったスクショ

せめて一つ前で来て欲しかった……!!!
f:id:kalino_suke:20191204173623j:image

奉納点を沢山得る為にモードをあっさりに変更して、陣形を変更したら出陣です
f:id:kalino_suke:20191204173441j:image

f:id:kalino_suke:20191204173452j:image

正直山茶花よりも樒と澄ちゃんの方が防御力が高いですが、山茶花は皆を守る盾であることにアイデンティティを持っていそうですし、何より次世代三人には攻撃と補助に専念して欲しかったのでこれで行きます

 

今回は前で山茶花が守り、芹さんと澄ちゃんが樒にバフをかけ、樒が奥義で決める。もし出来たら鏡で写して澄ちゃんも攻撃して貰う予定です
f:id:kalino_suke:20191204173843j:image

陣形も作戦も決まった、後は倒すだけ!!f:id:kalino_suke:20191204174020j:image

樒「……初代の両親か」
f:id:kalino_suke:20191204173348j:imagef:id:kalino_suke:20191204173449j:image

澄「あいつら……?」

山茶花「……」

f:id:kalino_suke:20191204173656j:image

樒「その台詞、そっくりそのままお前に返す」

芹「ふふ、確かに。以下同文、としかいえませんね」

澄「そーいうこと!お前を倒して私達が生きるんだから!!」

山茶花「うん、だからごめんなさい朱点童子。貴方を殺します」


f:id:kalino_suke:20191204173604j:image

決戦の火蓋は落とされました。スロットは茶碗2つとお金。養老水は無いのか……残念
f:id:kalino_suke:20191204174001j:image

まずはバフを積んで場を整えます。

樒は自分に萌子!
f:id:kalino_suke:20191204173753j:image

この中で一番ボス戦歴が多いからか、山茶花の進言が多岐に渡ってて戦慣れしてる感が有りますね……攻撃術搦手と……

ですが今回は作成通り、防御に専念して貰います
f:id:kalino_suke:20191204173357j:image

三番手は澄ちゃん。その謎の地鳴りはいったい??最終決戦だから緊張してから回ってるとか……?
f:id:kalino_suke:20191204173446j:image

一先ず作成通り萌子!お願いします。澄ちゃんも萌子!
f:id:kalino_suke:20191204173521j:image

ここで朱点童子の尻が山茶花に!!汚いケツはノーサンキューだよ!!!

防御していたおかげで、ダメージは112。これくらいならまだ耐えれますね……山茶花は防御に専念して貰って大丈夫だな
f:id:kalino_suke:20191204173338j:image

最後に芹さんに回ってきました。いや……うん、初陣だから出来ることは限られているのは分かる。分かるけど芹さんもっと自己主張してええんやで……?

何か芹さんは三人程必死になって倒そうとしている様に見えないんだよな〜
f:id:kalino_suke:20191204173620j:image

そんな個人的感想は今は置いておきましょう。芹さんも樒にバフを!彼はまだ萌子を覚えていないので武人です!
f:id:kalino_suke:20191204173434j:image

あーお客さま困ります後ろの方に攻撃はやm、お、お客さまーーーーーー!!!!

樒に約100のダメージが……それ位で良かった……(安堵)
f:id:kalino_suke:20191204173255j:image

へいへいよくもやってくれたなお客さま、いや朱点童子!!!お前には斬撃がお似合いだからくれてやる!!!
f:id:kalino_suke:20191204174027j:image

(肝心なダメージを撮り損ねる)(確か400程度)(この後も奥義のダメージスクショをほぼ撮り損ねてます)(スクショ下手芸人)
f:id:kalino_suke:20191204173431j:image

約400ダメージが入ったということは、朱点童子のHPは1600なのであと3、4回攻撃すれば良いということ(※円子されない前提での計算)

ここからは澄ちゃんも攻撃手に回って貰いましょう

f:id:kalino_suke:20191204173735j:image

樒に鏡!

これで萌子×2、武人×1分の力が澄ちゃんも持ち得ました!次ターン頼むよ!
f:id:kalino_suke:20191204173537j:image

山茶花ナイス!!

朱点の攻撃を山茶花が引き受けました。今回は60程のダメージです
f:id:kalino_suke:20191204173835j:image

芹さんのこの‘ 防御以外なら強い符術を出しておけばいいでしょう? ’みたいな、自分のペースで進言してくる姿が何故だかほっこりします。緊張感ある舞台でも自分を貫く姿は素敵やで……
f:id:kalino_suke:20191204174007j:image

そろそろ山茶花の防御が終わってターンが回りそうなので、芹さんには山茶花の回復をお願いします。泉源氏しか彼は使え無いので、代わりに常盤ノ秘薬を……

 

撮り損ねましたが次手が山茶花でした。彼女には再び防御して貰います。君が皆の守り神だよ……
f:id:kalino_suke:20191204173313j:image

樒のターン

もう兎に角樒には奥義をバンバン放って貰います。コスパの良い双光樒斬だから出来ることですね
f:id:kalino_suke:20191204173823j:image

よし良いダメージ!あと600!!f:id:kalino_suke:20191204173943j:image

地味に澄ちゃんの進言に出てくる術を威力が上がっている様な……気のせい?

澄ちゃんも朱点に攻撃!
f:id:kalino_suke:20191204173816j:image

OKOK!あと約300……f:id:kalino_suke:20191204173601j:image

ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙朱点童子ァア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!!!

420程回復されました……許さん……許さんぞ朱点童子……!!!f:id:kalino_suke:20191204173703j:image

やってしまえ樒!!三積みした今の樒なら殺れる!!
f:id:kalino_suke:20191204173303j:image

回避……!?やるな朱点童子、お前も死にたくないんだな……だからこれを受けたら死ぬと思い必死に回避したのでしょう……

f:id:kalino_suke:20191204173741j:image

澄「しーちゃん何やってるのもう!」

樒「悪い、カバー助かる」

 

樒のミスを澄ちゃんが即座にフォロー。この二人会話はデッドボールになることはありますが、息はぴったりそう

 

今回尽く山茶花の防御するシーンのスクショをし忘れているんですよね、すみません……

ここで山茶花が防御しました
f:id:kalino_suke:20191204173323j:image

芹「援護はお任せを」

山茶花「守りは任せて!」
f:id:kalino_suke:20191204173534j:image

更に武人を掛けて樒の攻撃力を上げる芹さん、

守りを徹底する山茶花……

この4人自分が今するべきことをきちんと理解して真っ当してるな……凄い(小並感)
f:id:kalino_suke:20191204173530j:image

またしても朱点童子山茶花に……!

ほぼ攻撃は山茶花が受けてる……本当に皆を守ってますよね。ゲームだと分かっているけど、山茶花が三人に攻撃される前に庇って守っている様に思えてしまいます。こう思わせる俺屍ってやっぱり良い……
f:id:kalino_suke:20191204173438j:image

バフは十分!相手は満身創痍!百鬼の辞書に二度目の奇跡は無い!つまり朱点、お前はもう躱せる奇跡は起きない!覚悟は良いか!!

f:id:kalino_suke:20191204173401j:image

670!!オーバーキル!!!
f:id:kalino_suke:20191204173413j:image
f:id:kalino_suke:20191204173732j:imagef:id:kalino_suke:20191204174017j:image

朱点童子撃破です!!!

 

……これで呪いは消える、全て終わった。感慨深い心情を、誰しもが少しは抱いたことでしょう
f:id:kalino_suke:20191204173716j:image

だけど、終わりではなかった
f:id:kalino_suke:20191204173930j:image

帰りましょう、家で皆が待っています
f:id:kalino_suke:20191204173341j:image

奥義を何度も放ったので、樒が黄色ゲージに。

絶対今お通夜モードだよ……
f:id:kalino_suke:20191204173744j:image

嫌だすごく帰りたくない…………帰ったら……帰ったら……
f:id:kalino_suke:20191204173653j:imagef:id:kalino_suke:20191204173839j:image

ああこれを見たく無いから帰りたくなかったんだよ〜〜〜!!!!;;;;
f:id:kalino_suke:20191204173422j:image

どういう気持ちでこの死を樒達は受け止めないといけないの?

特に澄ちゃん大丈夫?闇堕ちしても可笑しくなくない???
f:id:kalino_suke:20191204173952j:image

まだプレイ記事を初めて無かった頃の記録ですね、梔子は訓練は二月とも母である海蘭(うんらん)に師事を受けました。

初陣は白骨城、初っ端から中ボス戦してたんだなー……懐かしいです

f:id:kalino_suke:20191204173708j:image

梔子は推しグラである16番君なのもあって沼がかなり深くて……しかもバディものが性癖である私としては伽羅と相棒やってたりして、もう気付けばずぶずぶと深みにハマっていましたよ……恐ろしい……
f:id:kalino_suke:20191204173509j:image

第三世代の賑やかし担当な長子ズがついに2人共居なくなるのか……悲しみがヤバいです。

梔子は本当に本能で生きている男でした。自分はこうしたい、自分はこうしたら楽しい、だからする。考えてから実行する迄に戸惑いが無いタイプだったと思います。だから伽羅が悩んでいた時【https://kalino-suke.hatenablog.com/entry/2019/05/14/195101】も、直ぐに山茶花と二人で手を差し出して引くことが出来たんです
f:id:kalino_suke:20191204173251j:image

ここで漸く第三世代登場完了ですね。梔子はと言うより、この世代は本当に皆仲良しだったよな……

芥子や恒春がよく梔子達に振り回されていましたが、それでも笑いが耐えない家だったと思います

f:id:kalino_suke:20191204173544j:image

ここで百鬼家初の中ボス撃破ですね、別名第一次梔子隊討伐戦とも言います。

既に樒が産まれていて伽羅は訓練に専念しなくてはいけなくて、そんな時に頼りになる代わりに隊長を任せられる男が梔子だったんですよ……本当にもう梔子は木霊ノ弓と相性が良かったおかげもあって強くて。凄く安心して任せれたことをよく覚えています

f:id:kalino_suke:20191204173551j:image

ここは伽羅最期の出陣と澄ちゃんの初陣戦ですね。

あの時伽羅はもう健康度が減少していて、更に初陣の樒も居たから本当に大丈夫かなと不安だったんです。私は合理的かどうかよりも、そのキャラならどうするかを優先してプレイしてる節がありまして。この時は正に梔子達ならこうするだろう、を押し通した瞬間でした。

今なら言えるけど本当に全員無事に帰ってきて良かったよ……

f:id:kalino_suke:20191204173527j:image

梔子は正直言って、何を考えているのか本当に分からない子でした。だから小話で梔子視点を書けるようになるまで時間が掛かりました。

自分のしたい様に生きてる子だとゲームの進言やレベルアップ時のステータスで解釈したのですが、本当に梔子が分からなくて。

なんて言ったら良いんでしょうか、梔子は数式は簡単なのに応えが突拍子も無い見たいな人と言うか……色々彼について考察しては迷走しましたが、結果として今は梔子のことをこう思っています

f:id:kalino_suke:20191204173937j:image

自分第一だけど、自分が第一に優先しているのは自分だけじゃない。刹那主義だけど結構尽くす人。

こうだと結論付けることが出来たのは、この遺言を聞いたからです

f:id:kalino_suke:20191204173641j:image

周囲の人が好きだから、忘れられたら寂しい。

皆が好きだから、皆が楽しかったら自分も楽しい。

梔子はかなり家族大好きで、だから忘れられたく無かったんじゃないかと思います。悲しんでる顔より笑った顔を見ていたい、そっちのが絶対に良い。根底にはそんな思いがあったのでは無いかと、私は考えています。

梔子は使命や先祖代々の思い等は自分が考えることじゃないと投げていそうでしたが、今を生きる家族が笑っていてくれるなら、その為なら何だってやってやれる人だったと思います。

f:id:kalino_suke:20191204173514j:image

ありがとう、さようなら梔子……

f:id:kalino_suke:20200127231859p:plain

向こうでもお元気で
f:id:kalino_suke:20191204173306j:image

…………あ、はい。

イツ花さんのテンション変化本当に凄いですね??(小並感)
f:id:kalino_suke:20191204173747j:image

樒「……」
f:id:kalino_suke:20191204173627j:image
f:id:kalino_suke:20191204173805j:image

芹「へえ、凄い」
f:id:kalino_suke:20191204173425j:image

絶対場の空気が凍り付いていそうなのにイツ花さんマジで凄いですね……
f:id:kalino_suke:20191204173849j:image

イツ花気付いて、周りを見て。鬼の形相になっている人が何人か居ると思いますよ?
f:id:kalino_suke:20191204173940j:image

樒「最高神から?」
f:id:kalino_suke:20191204173458j:image

恒春「うっっっわー有難いお言葉だー」(棒読み)
f:id:kalino_suke:20191204173853j:image
f:id:kalino_suke:20191204173902j:image

奉納点は嬉しい、でも素直に喜べない……

 

これにて百鬼家大江山越えは終了です。次回は短い小話何本か連投する予定です〜

⿴1021年 11月 大江山⿻

f:id:kalino_suke:20191128215837p:image

 

f:id:kalino_suke:20191106133409j:image

ついにこの季節がやってきました、百鬼家大江山突入月間です。

一月分実機を動かしたら記事を書く、と言うスタイルをとっているので、書いている今の私自身本当に年内で解けるのかドキドキしております
f:id:kalino_suke:20191106133014j:image

まずは親子訓練の結果から見ていきましょう。芥子の訓練結果は……!?
f:id:kalino_suke:20191106133321j:image

でん。やはり初代遺伝子のせいか技火と技土が……いやいや、でもそれ以外はそこそこ良いのでは?

大成功、では無さそうですが失敗でも無いみたい。親子で頑張って取り組んだのかな〜
f:id:kalino_suke:20191106132923j:image

芹さんがついに部隊入り。でもごめんね芹さん、今月の出撃メンバーは既に決めているんだ….
f:id:kalino_suke:20191106133505j:image

恒春と春菜さんのお子が遂に百鬼家に!

一体どんな子でしょうか?
f:id:kalino_suke:20191106132812j:image

喜びます!
f:id:kalino_suke:20191106133101j:image

恒春似!と言うことは生意気そうな顔をしているのか!?(恒春を生意気系末っ子気質少年だと認識しているプレイヤー)
f:id:kalino_suke:20191106133328j:image

ツノが生えてる!!!これは春菜様要素な木の枝だなきっと!!!そう解釈します

素質も見てみましょう!
f:id:kalino_suke:20191106132926j:image

心風目立つな……この風は祖母の鈴女様由来の筈。特徴がバカ笑いで高い心風と心土を持っているのを見るに、我の強い自由人とか?何があっても大笑いして吹き飛ばすみたいな。あと両親を親父殿御袋殿って呼んでそうな顔してません??

春菜様の元でのびのびと育ったから、バカ笑いと呼ばれる様な笑い方をするほど感情表現豊かな子となったのでしょう……だからイツ花は、顔のパーツは似てるけど表情が全然似ていないから“どちらかと言うと”父似と言ったのかなー

 

見た感じ初代の遺伝子は表に出てない….?途中から遺伝子分析を始めたせいで、ハッキリと言い切れないから怖いですね。恒春から技火が初代産の物が遺伝子したのを交神画面で確認出来ているので、この子の技火もそうかも知れないし、次世代で出てくるかも知れないのが恐ろしい……

 

職業選択画面を取り忘れたので、文章で失礼を。

彼には当家初の拳法家になって貰いました!色々と決めた理由はあるのですが、一番の決めては衣装がめちゃくちゃ似合いそうだなと思いまして……フィーリングって大事ですよね
f:id:kalino_suke:20191106133503j:image

名前はソテツにしました。漢字で書くと蘇鉄になりますが、角張った感じに思えて彼に似合いそうにないと思いまして。当家初のカタカナ名です……来て早々当家初を二つも掻っ攫ったなこの子!?

ソテツとはあれです、小中高学校によく植えられている太いヤシの木みたいな奴です。

あだ名を付けることに定評のある澄ちゃんはソテツをなんて呼ぶんだろう………………ソテッちゃん??うん、ソテッちゃんだ(確信)

 

恒春「同世代の命名理由が個性的だから、調和を取れるような子になって欲しくてさ。どっしりと構えて聳え立つソテツって名前にしてみた、けど……」

ソテツ「おやじ殿ー!!おやじ殿もきてくれ、ここからの眺めはよいぞ!」(木の高いところから

「ソテッちゃん、危ないからあんまり乗り出したら駄目だよー?」(同じく木の上から

「二人共元気良いなあ、樒様も如何ですか?」(登ってる二人の木の真下で見学してる

「俺はいい」(以下同文

恒春「…………うん、元気に育ってくれそうだからいっか….」

山茶花「兄さま遠い目になってるよ?」

恒春「はははヤダなソンナコトナイカラ」

f:id:kalino_suke:20191106132824j:image

お、春菜様おめでとうございます。貴方の交神相手と息子もきっと喜んでますよ
f:id:kalino_suke:20191106133508j:image

続いて術報告〜
f:id:kalino_suke:20191106133032j:image

全員覚えた様子〜。あれ、前回何か術取ってきたっけ

(見返して見たらお地母を取っていました)
f:id:kalino_suke:20191106133500j:image

はーい
f:id:kalino_suke:20191106133514j:image

奉納点が下がるのは有り難い。自分でやり出しておいて何ですが、五流は奉納点管理が大変なんで……
f:id:kalino_suke:20191106132850j:image

イツ花、何をするかなんて決まっているよ。恒例の梔子チェックからいきます
f:id:kalino_suke:20191106133448j:image

人が増えたのを有り有りと認識したところで、
f:id:kalino_suke:20191106132816j:image

遂にきてしまったか….

梔子が死ぬことを認めたくない.…というか梔子さん、一族男子の健康度は二段階掛けて低下しますよね?

今月は十一月。二段階低下だと十二月にその.…あれなんですか….?もし来月大江山越えが出来たとして、その後に貴方の死を見届けないといけないの.…??マジで……???え、そんな、そんな、えっ.…?
f:id:kalino_suke:20191106132944j:image

一旦落ち着くためにソテッちゃんの訓練を樒に任せました。お店で功徳の拳(福効果:装備者の心の増加+1~4)を売っていたので、購入して身に付けさせます。

ソテッちゃんやお家のことは君に任せたよ….
f:id:kalino_suke:20191106133049j:image

漢方薬屋に行って梔子に千金人参を処方。今月は大江山行くんだ、出来る限り回復して欲しい….!
f:id:kalino_suke:20191106133105j:image

何で最低値+1しか回復してないんだよ

さては梔子、良くなる気がない……?だからこんなに低い数値を出した?そうだったらショックが半端ないんだけど

 

上手く言語化し難いのですが、梔子は周りに寿命が近いことを言ってないと思うんです。理由は皆に心配や迷惑を掛けたくないとかでは無く、彼は自分を通したくて隠したんじゃないかと。言ったら討伐に連れて行ってくれなくなるかも知れない、そんなの絶対に嫌だと。

 

今までの小話から察している人もいるかも知れませんが、梔子は刹那主義っぽいんですよね。今が楽しければそれでいい、後のこととか小難しいことを考えるのが苦手、根回しとか無理面倒みたいな。特徴の苦手:根回しはこの性根からきているのでしょうね。

こういう人なのは、彼が伽羅と二人で一人の相棒関係だったからということが理由としてあると思う。そういうことは小細工が得意な伽羅がして、梔子は思いっきり前を向くだけで良かったんだ。でももう伽羅はいないし、梔子もいなくなる……これ以上この話はやめよう、悲しくなる
f:id:kalino_suke:20191106133426j:image

討伐隊も家で帰りを待つ子供達も、誰もが大江山のことだけを考えて送り出して出陣したんだろうな….
f:id:kalino_suke:20191106132852j:image

今回の討伐隊の陣形がこちら。隊長の芥子は勿論後列、健康度が低下した梔子と防御力が二番目にワーストな恒春も後ろに回って貰います。防御は山茶花に一任し、三人は隙を見て攻撃。芥子と恒春は敵の体力次第で前に出て物理攻撃をさせる予定です。

 

前回の話通り、今回の目的は虚空坊 岩鼻様を解放して朱ノ首輪をゲットと先見部隊として道を切り開くこと。あと出来たら時登りの笛も手に入れたいと思っています
f:id:kalino_suke:20191106132904j:image

第三世代が出陣するなら伽羅を連れて行くことでしょう。こちらの小話【それでも3 - 百鬼一族 血脈の書】で樒が伽羅の代わりとして受け取った耳飾りを、樒は隊長の芥子に受け渡したと思います。

耳飾りを付けた芥子と三人は、イツ花の言葉を受けて意気込みを固めて大江山に向いました
f:id:kalino_suke:20191106133511j:image

芥子が隊長だから女壊し屋の姿に。女壊し屋の後ろ姿本当に可愛い.…
f:id:kalino_suke:20191106132919j:image

遂に大江山へ。あ、黄川人さんチッスチッス

確か梔子と芥子は二度目まして、恒春と山茶花は初めましてです
f:id:kalino_suke:20191106133035j:image

ナ、ナンダッテー!?

遂に明かされた衝撃の真実ゥ……でも額面通りに受け取ってくれたのは山茶花だけかな~あの子優しいエンジェルだから….
f:id:kalino_suke:20191106133059j:image

梔子と芥子は前回の小話【そうだ 大江山、行こう - 百鬼一族 血脈の書からして、天界の使いという時点で胡乱げに思ってる。

恒春は二人の様子を見て警戒してそう
f:id:kalino_suke:20191106133136j:image

….おや 黄川人の 様子が……!?
f:id:kalino_suke:20191106133301j:image

おめでとう! 黄川人は胡散くさがアップした!
f:id:kalino_suke:20191106132843j:image

黄川人、さっきの言葉無しにこれを言っていたらまだ信じられるのに….何というか、そういう所だぞ
f:id:kalino_suke:20191106132956j:image

赤い火!!!十一ヶ月振り【◆1021年01月 九重楼◆ - 百鬼一族 血脈の書】だね!!!

折り返し地点にあるから、石猿さんの所までに赤い火を維持するのは自分のプレイング能力的に難しそう.…少なくとも天狗エリアまでは行っていい物をゲットしたいです
f:id:kalino_suke:20191106133126j:image

赤い火に間に合う様に急いで走っていたら紅こべにぶつかった

戦勝点三倍ありがとよォ!!
f:id:kalino_suke:20191106133253j:image

初手はまだまだ元気だと証明するつもりなのか梔子のターン
f:id:kalino_suke:20191106132940j:image

進言してくれたのにごめんよ、私は今のお前が大将相手にどれくらい通じるか知りたいんだ….
f:id:kalino_suke:20191106133517j:image

225ダメージ!うーん、健康度が低下したからかちょっと威力が落ちてる….?前は400ダメージ位は出していた気がしますが….大江山の紅こべだから堅かったのかなー

そうだと思いたいです
f:id:kalino_suke:20191106133133j:image

次手はめちゃめちゃ雷系の術を押している山茶花。ここは雷電で一掃して貰います、やって下さい山茶花さん!!
f:id:kalino_suke:20191106132934j:image

ファイアーならぬサンダー!!!
f:id:kalino_suke:20191106132949j:image

さすが風神様の子で水神様の孫….….雷電つおい….
f:id:kalino_suke:20191106133038j:image

三倍のおかげで山茶花がレベルアップ。いいね、体がどんどん固くなってる!山茶花さんこの心水はどうしたの?エンジェル呼びが嫌だったから小悪魔系に変更する気なの?
f:id:kalino_suke:20191106133437j:image

赤い火まで残り炎一つで仁王門の前まで来れました。阿吽像を出来るだけ早く倒し、赤い火は天狗エリアで迎えたい….!
f:id:kalino_suke:20191106132802j:image

だが断ると返します。こっちはできれば神様解放して出来れば時登りの笛をゲットしたいな♡とか考えているんだよ!お前達に構っている余裕は無いんです!
f:id:kalino_suke:20191106133405j:image

スロットはこんな感じ。しょっぺえ….

 

ここで仁王戦の作戦の説明を。今回は単純明快、貫通攻撃が出来る恒春にバフを掛けて一網打尽にして貰おう作戦です。余裕があったら恒春に鏡を向けて攻撃力を写そうとも思っています。
f:id:kalino_suke:20191106133521j:image

そんな訳で、まず梔子が萌子!健康度からの能力低下的にも、この討伐ではサポート専門になりそうですね。今回メインバッファーは君だ!

 

余談ですが、この四人が並ぶと水目水肌なのがよく分かりますね。第三世代は皆水目水肌で見た目の共通点が多かったんだよなー….色白だ
f:id:kalino_suke:20191106132839j:image

芥子も武人を掛けて貰いたいですが、如何せん彼女は技火と技土が初代産….!

そのせいで武人を覚えられていません。多分この場で誰よりもこの場面で技のレパートリーが少ないことを歯痒く思っているのは、芥子本人なんだろうな.…芥子ちゃん….
f:id:kalino_suke:20191106132909j:image

でも術が使えずともサポートは出来ます。歯痒く思いつつも、今の色んな出来事を通して大きくなった彼女なら片羽のお業戦【◇1021年 6月 鳥居千万宮◇ - 百鬼一族 血脈の書】みたく動揺なんてしない!冷静に自分に出来る事をやり遂げてくれます!

結界印で全員の回避率を上げて攻撃に備える!
f:id:kalino_suke:20191106133456j:image

前のめりな進言だ。恒春も芥子と同じく、半年前の自分とは違います。悩んで落ち込む日もあったけど、ちゃんと前に進んでいるんです。

きっとそうなれたのは、交神での出会い【あたたかい かみさま - 百鬼一族 血脈の書】がきっかけだったと思います。あの時の出来事が彼に変化をもたらした、だから戦闘に悦楽を覚える自分を恐れずにこんなに強気な進言をしたのでしょう。

 

恒春の様子からして大丈夫だと認識した芥子は、まだ一度しかバフはかかっていませんが攻撃を許可しました。だって今の恒春は、凄く身軽で楽しそうにしている様に芥子には思えたから
f:id:kalino_suke:20191106133024j:image

どっちも約半分は削った!もう私は恒春が楽しそうだからそれでいいよ!!←

手の掛かる子ほど可愛いってことなのか、この時は恒春が前向きだったことに感激して凄く彼に甘々になってたんですよね….冷静にプレイ記録を書いている今は、何でここで攻撃させたんだろとか思って(ry
f:id:kalino_suke:20191106133341j:image

山茶花も恒春の攻撃力を上げて貰います!武人~
f:id:kalino_suke:20191106133021j:image

太り仁王像芥子に攻撃するのはやめて!!?隊長狙いとは賢い奴め……!

でも結界印を使っていたおかげか回避!芥子ナイスです
f:id:kalino_suke:20191106132856j:image

一周回って再度梔子のター….あ゛

 

梔子「実はおれここ最近吐血芸覚えてさあ……げっほごぽうぇッ」吐血

芥子「なんで今それを言うのよ貴方は!!?」💢💢💢💢💢💢💢💢

山茶花「え、AEDAEDはどこなのかな….!?」きょろきょろあせあせ

 

恒春「芥子も山茶花も落ち着いて!!兄さんはこれを倒したら言いたいことあるからね!!!ああもう邪魔だよお前達は!!!!相手してる暇無いからさっさと死ね!!!!」感情ごちゃまぜアタック
f:id:kalino_suke:20191106133306j:image

Our win

f:id:kalino_suke:20191106133006j:image

……はい。最後ぐだぐだしましたが、無事に仁王像達を倒せました。

梔子は三人に何で黙っていたんだと心配されて怒られながら、お雫を掛けられる刑を受けたとかなんとか……。

ここまで来たら、今から梔子を一人下山させることは出来ません。大江山討伐続行です
f:id:kalino_suke:20191106132759j:image

……これを見て、四人は何を思うのでしょうね
f:id:kalino_suke:20191106132930j:image

あの石碑は何だったのか、誰が建てたのか気になっているだろう彼女達に悪いけど今は赤い火!

時間は待ってはくれません。スロットは初武器と術に止まりました!これは欲しい!
f:id:kalino_suke:20191106133153j:image
f:id:kalino_suke:20191106133143j:image

これは……あの石碑を見て芥子と恒春は集中力が削がれてしまった?それで外したとか
f:id:kalino_suke:20191106133140j:image

二人をカバーするべく山茶花がクリティカルアタック!
f:id:kalino_suke:20191106132916j:image

攻撃を受けてしまいましたが、これくらいで芥子は倒れません。ですが油断せずに行きます!

f:id:kalino_suke:20191106132859j:image

梔子は山茶花に鏡を向けるんだ……知らなかった

 

なんというか、恒春と言い梔子と言い……彼等戦闘に関してははかなりシビアに見てるんですよね。恒春にはここに載せていないだけで、澄や山茶花が向けていた記憶があります。ですが少なくとも私の記憶の限りでは、芥子に誰か鏡を向けたことはほぼありません。

言う必要が無いと思って言ってないのだろうけど、多分今生きている子達の大半は、芥子が戦闘力がそんなに無いことを理解してると思うんです。

芥子自身も、自分がそんなに強く無いことを自覚している。だから向けられないことに納得してるんじゃないかなーと……芥子……

f:id:kalino_suke:20191106133201j:image

鏡を向けようとしていますが、今回は大将を早く倒して欲しいので攻撃です。

一回血を吐いてスッキリしたのか、梔子は調子が戻ってきた様子。今日の梔子は色白の顔を青白くしてそう……
f:id:kalino_suke:20191106133018j:image

無事剛鉄弓と芭蕉嵐をゲットです!
f:id:kalino_suke:20191106133119j:image

最後の出陣で自分に合う武器を得るなんて……梔子お前、なんと言うかもってるな?!

39も上がったらこの中で一番の攻撃力になります。お前寿命低下してる筈だよね?何なのこのパワフルさ
f:id:kalino_suke:20191106133435j:image

お次は印虎姫がスロットに止まりました。なおスクショは失敗してありません……

 

見てくださいこの威力、土の属性武器と相性良いのもあって攻撃力上がってるよ梔子スァン……
f:id:kalino_suke:20191106133524j:image

芥子はあの石碑が目に焼き付いて離れないのか、この辺から空振りが増えてきました
f:id:kalino_suke:20191106133130j:image

でもフォローの達人が居るから大丈夫!!山茶花が即切り込みます!
f:id:kalino_suke:20191106133358j:image

再度梔子が攻撃して……
f:id:kalino_suke:20191106132833j:image

印虎姫もゲット!!
f:id:kalino_suke:20191106132836j:image

そして梔子がレベルアップ。梔子のフリーダムさがどんどん上がっていますねww

でも体の数値……本当に来月までなんだね
f:id:kalino_suke:20191106133355j:image

!!?遂に来た!!!それに時登りの笛まで!!!
f:id:kalino_suke:20191106132741j:image

これは逃す訳にはいかない!!前衛の山茶花にバフ積みです!恒春は萌子!
f:id:kalino_suke:20191106133316j:image

梔子も萌子!
f:id:kalino_suke:20191106132938j:image

芥子は速瀬!
f:id:kalino_suke:20191106133532j:image

よしよしいいダメージ!!
f:id:kalino_suke:20191106133115j:image

ってぁあああ゙!!!天狗に……逃げられました……

 

反省点は攻撃するのが早すぎたのことですね……次からはもっと慎重にいきます……
f:id:kalino_suke:20191106133350j:image

この後一向に朱ノ首輪も時登りの笛を持った敵に遭遇出来なかったので、皆の鏡コーナーを開催します()

梔子は再度山茶花に。お紺さん戦【◇1021年 6月 鳥居千万宮◇ - 百鬼一族 血脈の書】で共に戦うことを選んだのもあってか、梔子は山茶花にかなり信頼を向けている様に思えるんですよね。ウマが合うのかな?
f:id:kalino_suke:20191106133309j:imagef:id:kalino_suke:20191106133040j:image

今度は恒春の鏡を向けた相手について〜

恒春は梔子に末っ子根性をぶつけることが多いのですが、それでも尊敬はちゃんとしていると思うんですよ。それがこの鏡に現れているんじゃないかなーと。

山茶花はいつもブレない強さがあるから……片羽ノお業戦でも、小話の中でも、今石碑を見た時も。彼女は動揺しても、自分のやるべきことを常に一番の優先事項として掲げてる様に思えます。そのブレない強さを見て恒春は鏡を向けているのでしょう……

 

〜鏡コーナー終了のお知らせ〜

もう終わり?と自分でも思いましたが、山茶花は向けることが無かったんです……

次はレベルアップの様子を紹介したら、石猿田右衛門戦に移行したいと思います
f:id:kalino_suke:20191106133043j:image

優しさの塊

いやいや、そんな心技は置いておいて……芥子さん?その体の上がりはいったい……(震え声)

芥子は現在一歳四ヶ月、だからまだまだ大丈夫と思いたい……!
f:id:kalino_suke:20191106133112j:image

恒春はまだ一歳なのもあって元気ですね。心土の上がりを見るに、意志の強さが上がってきてるということかなー?(技火と技土から目を逸らしながら)

f:id:kalino_suke:20191106133109j:image

火がラスワンになったのに、あれ以来一度も朱ノ首輪と出会えていない……でも朱点童子までの道はこのメンバーで開きたい!橋へ向かいます!
f:id:kalino_suke:20191106133352j:image

田右衛門さんはじめまして!竜神刀と石猿ください!!!
f:id:kalino_suke:20191106133156j:image

戦勝点二倍じゃなくて物をプリーズ!!!
f:id:kalino_suke:20191106133418j:image

悲しいかな、一度止まったスロットは変わることは出来ない……来月には大江山越えをしたいので、竜神刀達は諦めます(ガバガバプレイング)(基本ゲーム下手なのがここで出た)

 

一番手は初手に定評がある梔子。攻撃と強力な符二つを進言してきたのを見るに、自分の術ではあまり通用しないと判断したのかな……?

まずは様子見ということでしょうか
f:id:kalino_suke:20191106133052j:image

しかし今回の梔子は、貴重な萌子使いとしてバッファーをする運命なんです。前衛の山茶花に萌子!
f:id:kalino_suke:20191106133123j:image

お次は恒春。物理と特殊攻撃、搦手の術と冷静に幅広い選択肢を挙げているのを見るに、石碑を見て動揺した気持ちは落ち着いた?
f:id:kalino_suke:20191106132912j:image

しかしお前もバッファーとなる運命なのだ。

何故なら貴重な萌子使いその二だから……!

山茶花に萌子!
f:id:kalino_suke:20191106133325j:image

山茶花のターン

萌子二積みしてるけどどうしようかなー?
f:id:kalino_suke:20191106133257j:image

今どれくらい攻撃が通じるのか見てみたいので、攻撃してみます。

329ダメージ!石猿田右衛門さんはwikiを見るに体力は1000。ということはあと約700ダメージを与えたら勝ち……!

f:id:kalino_suke:20191106132745j:image

列攻撃を喰らってしまい、芥子と恒春がまた一撃を受けたら危険レベルに……

この時攻撃を受けて焦っていたのか、何故かここで芥子のお母上の東風吹姫様を召喚した私。自分でもあの時なんでこうしたのかわからぬぇ……
f:id:kalino_suke:20191106133149j:image

お母上攻撃ありがとう!!
f:id:kalino_suke:20191106133412j:image

うっすらと見える175ダメージ。これで残り半分程削れば勝ちです!
f:id:kalino_suke:20191106133528j:image

また列攻撃で後列を狙われたら堪ったものではありません。先月娘達が取ってきてくれたお乳母で回復です!
f:id:kalino_suke:20191106133046j:image

これで二連続攻撃がきても大丈夫な筈……!

恒春も攻撃!
f:id:kalino_suke:20191106132821j:image

暴れ石を受けて全員にダメージが……

さっき回復してて良かった、出なかったら芥子達は危なかったことでしょう
f:id:kalino_suke:20191106133313j:image

山茶花の攻撃ならきっともう倒せる!いけ!
f:id:kalino_suke:20191106132830j:image

ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ここで躱されたァァァ!!!!
f:id:kalino_suke:20191106132754j:image

フォローすべく攻撃する芥子。今回空振り判定多かったけど流石芥子、大事な時にきちんと決めてくれる女!
f:id:kalino_suke:20191106132847j:image

梔子もカバー!唸れ剛鉄弓!!
f:id:kalino_suke:20191106133444j:image

よっっっっし!!!
f:id:kalino_suke:20191106133010j:image

無事に四人で朱点までの道を切り開くことが出来ました。戦勝点も美味しい……!

後は岩鼻様を解放するだけ!!時登りの笛は諦めた!!!←

 

ぎりぎりまだラスト一つの炎が消えていなかったので、全員全速力で戻りました
f:id:kalino_suke:20191106133345j:image

朱ノ首輪に止まった!!虚空坊様ありがとう!!!

今度こそ逃げられずに解放したい!前回の反省を活かし、今回は併せで倒そうと思います。まずは初手の梔子が雷電の準備!
f:id:kalino_suke:20191106133431j:image

続いて恒春も!
f:id:kalino_suke:20191106132806j:image

山茶花も!
f:id:kalino_suke:20191106132827j:image

よしよし、攻撃されるも梔子がナイス回避をしてくれました
f:id:kalino_suke:20191106133415j:image

芥子は雷電を覚えていないので速瀬でサポート!
f:id:kalino_suke:20191106133055j:image

準備は整った!!!雷電だ!!!
f:id:kalino_suke:20191106132809j:image

オーバーキル!やりました!
f:id:kalino_suke:20191106133146j:image

朱ノ首輪ゲット!そして戦勝点をありがとうございます!!
f:id:kalino_suke:20191106133422j:image

山茶花なレベルアップ。結構心技の成長が止まってきたようですね
f:id:kalino_suke:20191106133538j:image

顔が上手く撮れなかった解放スクショ

 

ここで炎は消えました。最後バタバタしたけど目的を達成出来て良かった……

f:id:kalino_suke:20191106132953j:image

……うん、帰ろうか
f:id:kalino_suke:20191106132751j:image

ただいま!来月は樒達の番です!